So-net無料ブログ作成

厚化粧こそわが命------続・小池百合子の正体 [政治]

マスコミはこぞって小池新党を話題にしている。何か新しいことをしてくれると期待しているようだ。テレビでは初の女性総理かとまで持ち上げている。それなら小池百合子の正体を明かしてみよう。石原慎太郎は小池百合子に激怒して「厚化粧女」と罵ったが、あながち間違っているわけでもない。厚化粧とは地肌を隠して見せかけで欺くことだ。

小池百合子が都知事に名乗りを挙げた時に違和感を感じた。それまでの国会発言で取り上げていたことは改憲、軍拡、核武装、原発輸出などタカ派の議論ばかりだ。子育てとか生活密着の発言はほとんどない。地方自治に関心があるとは思えなかったからだ。都知事は方向違いだろう。

都知事への立候補そのものが本性を隠した厚化粧でしかない。にこやかに登場して舛添とは異なる透明性のある都民ファーストの都政を期待させたのは見事なパフォーマンスではある。若いころから派手なパフォーマンスをよりどころにして、世の中を渡って来た。小池百合子にとって厚化粧こそわが命なのだ。

厚化粧の下にある本性は、タカ派の右翼おばちゃんの顔だ。小池百合子には強さへの願望がある。少子化は強い男がいないからだなどとも言っていた。強いもの勝ちのどこが悪い。世の中は所詮力の世界だ。弱い奴らは切り捨てればよい。そういった考えは当然軍事に結び付く。軍事力で作られる強い日本を率いて国民に命令したい。それが小池百合子の夢なのである。

石原や舛添などこれまでの知事は豊富な税収を使って「事業」の推進ばかりをやってきた。都民の生活を顧みなかったといってよい。さすがに都民もこれには愛想をつかしており、自民党では票を集められない状況にはなっていた。自民党の序列を飛び越えるチャンスだった。都民の生活には関心がなくとも、都知事は権力であり、オリンピックの時期にはとりわけ目立つ地位だ。逃す手はない。

変革の期待から最初に小池知事を担いだのは、市民運動から出た生活密着派の都議たちだ。だが、地肌が現れると当然ながら期待は裏切られることになった。情報公開、オリンピックの簡素化、豊洲移転の見直し、すべて不発だ。実際に行ったのは、「特別顧問」といった側近の内輪で全てを決める密室政治のようなものだ。「希望」の事務局長にもこういった側近を送り込み、都議会では都民ファーストを立ち上げて小池知事実現に働いた都議にその手下になれと要求した。「自分ファースト」でしかなかったのである。

あたかも移転を取りやめるような雰囲気を漂わせて結局豊洲に移転する。補修をして移転なら全く舛添と同じだ。豊洲移転の経過は隠蔽して記録も残さなかった。小池百合子が要求する議員の役割は知事のイエスマンになれということだけだ。与党だから質問するな、独自の活動はするな。結局、最初に小池知事を担いだ都議たちは落胆して「希望」からは離脱することになった。

原発ゼロを口にしているが、菅首相に語気鋭く原発輸出産業の振興を迫っていたのは彼女だ。東電の最大株主は東京都なのだが、東電に脱原発をせまったことはもちろんない。小池新党の面々には原発推進派が集まっている。政策の一致しない人は排除するなら原発推進派を入れるのはおかしい。改憲派でありさえすれば原発に対する意見は問わない。原発ゼロは塗りたくった化粧に過ぎず、反原発票を詐取するパフォーマンスである。

有利と思えばどこまでも居丈高になる「自分ファースト」が前面に出てきた。前原のやったことはまるで土下座だ。民進党から希望に移るためには、まだ中身も示されていないのに「希望の党の公約を守ります」と誓約しなければならない。改憲、戦争法賛成の踏み絵を踏まされ、全面屈服を要求される。公認を貰うためには金を出せとあからさまな要求まである。その上、立候補できるかどうかは協議することなく小池百合子が勝手に決める。まさに選別排除の党である。

しかし、図に乗り過ぎて「自分ファースト」はつまづきを見せ始めた。大坂で維新と連携するために民進党議員を全員切り捨てた。その中には電機連合の組織内候補も含まれていたから当然連合の反発は起こる。民進党の集票力の実体は連合なのだから連合の反発を受けたら民進を取り込む意味は無いはずだ。東京都議たちの離脱も厚化粧がポロリと外れる一幕だ。小池百合子の素顔が現れる。

だらしのない民進党議員たちは唯々諾々と「自分ファースト」を受け入れるかのように見えたが、あまりに独裁的な選別排除に首を傾げる人たちも出てきた。民進党は枝野が立ち上げた立憲民主党との分裂となった。こちらは当然、共産・社民との共闘が力になる。選挙は護憲・平和か軍拡・改憲かの争いになる。

厚化粧は剥げるしかない。冷静にみれば、自民党や維新となにも変わらない右翼おばちゃんに何の魅力があろうか。ブームは急速にしぼみ、投票日に異変は起こらないだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る