So-net無料ブログ作成
検索選択

山梨市長がらみの詐欺事件と「元」医師 [社会]

こういうゴシップまがいのネタを書くとブログの品位が落ちるのだが、山梨市長の妻、望月治美の詐欺事件は田舎の名士社会の泥臭さを代表するものだという気がする。二月に離婚したから逮捕時点では元妻ということになるが犯行時はまだ妻だった。

夫の望月清賢(せいき)は、父親から引き継いだ、地元の石材会社「差出石材」の二代目社長だった。自民党の市議、県議を経て、保守陣営の後押しで山梨市長になった。日本会議のメンバーでウルトラ右翼だ。建設関連会社と政治家の兼任はまずいので指出石材の社長には妻の治美を当てた。実質的に会社を経営していたのはもちろん望月清賢だろう。詐欺事件にも関与していたことは当然疑われる。選挙事務所は差出石材だし、ホームページには著作権が差出石材にあるとまで書いてある。

政策などはありきたりのもので、何かを実現しようといった熱意は感じられない。地方名士の名誉職といった感じだ。こういった場合、市政も会社経営もおざなりになりやすい。差出石材は6億円の負債を抱えていたという。羽振りは良いように見えても、経営は火の車だった。金を使った選挙に落選してもとが取れなくなった。税金も滞納し、08年には土地・建物の差し押さえを食らっている。14年には借金を返済せずに訴訟を起こされ4200万円の支払い命令を判決されている。それでも右翼でありさえすれば市長になれるというのが田舎社会だ。

今回は、石材の転売で確実に利益が出るとして、何人かから3億円以上をだまし取ったというものだ。妻名義ではあるが市長が関与していることは否定のしようもないだろう。金は借金の支払いに消えただろう。詐欺というより、金策に困って返す当てのない借金をしてしまった事件といった感じがする。もちろん、市長と言う役職を使ってだましたことになるから立派な詐欺犯罪ではある。

この詐欺に手を貸した、あるいは手口を指導したのが「元医師」の越塚峰嗣 だと言うことで一緒に逮捕された。共犯といったほどの報酬を得ていないことから不起訴にはなったが、なぜ医者がこんなこ場面に出てくるのかが疑問の対象になる。越塚峰嗣 の転落人生を追ってみよう。ネット社会は恐ろしい、経歴など検索すればすぐに出てきてしまう。

1954年に生まれで、大学は群馬大学医学部だ。国立大学の医学部だから、結構難しい試験を突破して入学しただろう。大学病院で研究して、29歳のときに論文に名前を出している。

「当科においてRA患者に施行したTHRの術後経過の検討 」(1983) 群馬大学整形外科

しかし、共著者に過ぎず、これ以外に論文は見当たらない。研究熱心ではなかったようで、学位論文も書いていない。その後整形外科医として国立高崎病院に移ったようだ。ここで日航機墜落事件に遭遇する。500人もの乗客が即死する中で奇跡的に12歳の川上慶子ちゃんが生き残り、国立高崎病院に運び込まれた。この治療チームに在籍して、慶子ちゃんを島根県大社町まで車で送り届けたスタンドプレーでローカル人気者になって名医だという風評につながった。31歳の時だ。

研究者としても医師としても芽が出なかったであろう彼は、この人気を利用して病院経営を思いついたのだ。バブル経済のころで、銀行はいくらでも融資してくれた。彼はなんと32歳にして三峰 病院を設立して院長・理事長になった。経営に道を見出したらしい。エステとかフィットネスとかの多角経営に手を広げて行った。医は算術の開始だ。早くも1987 には保健所から医師数不足の指摘を受けているから、病院経営も最初から「まじめ」ではなかったようだ。

バブルに浮かれて派手な生活をしていたらしいが、三峰 病院は1989年には赤字を抱えるようになった。放漫経営を反省して病院を立て直したということが1992年の文春記事になっている。ニッセイが出している雑誌にも、1999年に「トップと職員の人間性を磨き地域住民に安心感与える存在に」といった記事(ばんぶう (222), 144-146, 1999-12)を寄せているが、実際には1992年ころから、保険の架空請求に手を染めていた。その年の12月には不正請求が発覚し、病院は閉鎖になった。四億八千万円をだまし取ったことになるが、三億八千万円については、2006年に逮捕された時点で詐欺罪の時効(七年)が成立していた。 このことで医師免許を取り消され「元医師」になったわけだ。

越塚峰嗣と望月夫妻が結びついて今回の詐欺事件が起こった。ダメ経営者どうしの結びつきであり、裏道に活路を見出すことになったのは当然ともいえる。地元の名士として外面を繕いながら、足元が崩れて行く中で、倫理性などといった感覚を失ってひたすらその場しのぎの金策に狂奔する姿は地盤沈下する地方社会を象徴するものではある。日本各地に同じような現象が生まれている。
メッセージを送る