So-net無料ブログ作成
検索選択

北一輝の日本改造法案大綱 [雑学]

北一輝を単なる右翼ではないと評価する論調を見かける。日本改造法案大綱に掲げる政策は、一部の富豪への富の集中を制限し、農地の小作人への分配を主張するなど、社会主義的な政策を含んでいるし、8時間労働など労働者の権利・人権も擁護している。

しかし、これらは当時の改革論者の誰もが主張した事である。特権階級が支配し、農民が困窮し、労働者が貧困であることは、救いようがない現実であった。問題はこれをどう解決するかにあった。マルクスは人類の発展史から考察し、階級闘争に至るのであるが、北一輝など、当時の人々にはこれを理解することができなかった。

当時の人々にとって、文明開化のインパクトは、とてつもなく強烈で、幕府制から天皇制への転換が、ここまで世の中を変えて、日清日露の戦争に勝利するといった結果までもたらしたことが、天皇制への確信を骨の髄まで染み渡らせていた。この奇跡は日本が神の国である以外に説明の仕様がないと思えたのである。狂信的天皇崇拝の思想が幕末の国学をはるかに越えて行き渡ってしまった。

北一輝の主張の眼目は、その政策ではなく、それをどう実現するかの手法にある。理想的な神の国であるはずの日本で、なぜ人民が塗炭の苦しみを味あわねばならないのか。北一輝はその根源を「君側の奸」に求めた。神である天皇が、人民の苦しみを救えないはずがない。それを妨げているのが、天皇の取り巻き、「君側の奸」なのである。

勇気ある人物が、身を捨てて「君側の奸」を除けば、問題が解決する。日本に必要なのはこうした憂国の士の決起であると説いた。2.26事件は、この呼びかけに呼応したものだった。

北の考えは思想と言えるほど根源的なものではなく、当時の気分と現実を折衷しただけのものであったから、逆に、教養の足りない青年将校たちにもわかりやすかった。クーデターを起こして、戒厳令のもとに、議会などに有無を言わせず政策を実施する。

しかし、いったい誰がこの政策を実施するのか。「君側の奸」を殺された天皇が、たちまち青年将校たちに共鳴して昭和維新を断行する立場に立つなどと言うのは夢物語に過ぎない。明治維新で、薩長の若手武士たちと天皇が意気投合したのは、幕府の小大名扱いでしかなかった天皇の地位をを持ち上げてくれたからである。最大限に権力を持っている天皇に若手将校の主張など興味もない。

実際には、信頼する「君側の奸」を殺された昭和天皇は、青年将校たちに激怒した。財閥は国力の源であり、天皇制支配に必須だった。農民から搾り取るためには地主制度が有効だ。労働者の貧窮など知ったことか。国が栄えるための犠牲はいくらでも払うのである。決起した青年将校たちは、必然的に裏切られることになった。

なぜ「君側の奸」が発生するかに北一輝の考えは及んでいない。重臣たちを殺しても、また他の「君側の奸」が生まれる。明治維新を担った青年志士たちが、全部「君側の奸」になって行ったのである。

過度な権力の集中が「君側の奸」を生み出すことは、普遍的事実として認識されている。19世紀には主流であった帝政・王政の国々は、結局「君側の奸」効果で自滅していった。もはや一人の人間に権力を集中して運営できる時代ではなくなっていた。天皇にすべての権力を集中したことは明治憲法の致命的欠陥だった。

権力を分散させた民主主義体制は、まどろっこしく、衆愚政治に陥りがちではあるが、それでも、大きな誤りを犯してしまう独裁よりも長期的には良い結果をもたらすことが確認されていると行って良い。これが民主主義の原理だ。

北一輝はマルクスも読んでいたし、民主主義も一応は知っていた。しかし、明治維新のあまりにも大きなインパクトのために、それを心で理解することができず、袋小路に陥ったのである。

丸山ワクチンとオプジーボ [医療]

 丸山ワクチンは、ガンの特効薬と言われたり、全く効かない薬だと言われたり、極端に評価が分かれたまま半世紀を経過した薬だ。なぜ、このようなことになるかと言うことになるのだが、これは丸山ワクチンが特異な開発経過で生まれたことと、免疫強化型の薬剤の宿命とも言える事情が重なった結果だ。

丸山ワクチンは、ガン研究者ではなく、皮膚科の臨床教授である丸山氏によって開発された。結核患者にガンが少ないと言うことを感じた丸山氏が、結核菌からの抽出物を無毒化して薬剤とした。なぜこれがガンに効くのかは不明なのだが、ともかく投与された患者からは高い評価を受けた。丸山氏はこのワクチンをガンの特効薬として熱心に広めた。このやり方は学術的な手法ではなく、効果を統計的にはっきりと示す手順も踏んでいなかった。

使い方としては、濃い薬剤と薄い薬剤を一日おきに交互に皮下注射するという変わったものだが、なぜそのような使い方をするのかと言う根拠は示されない。ただ丸山氏がこう決めたに過ぎない。作用機序についても、免疫を強化するのだと主張するが、その詳細を解明する論文は出されていない。こういった科学的裏付けを軽視する手法が学会からは疎まれることになった。

結局、保険適用の薬剤としては認可されなかったのだが、偽薬として使用が禁止されたわけではない。「有償治験」つまり、研究段階の薬剤であるが、その治験に参加する患者から料金を保険外で取っても良いという状態が半世紀も続いているのだ。統計を取って科学的に効果を実証することは出来ないのだが、患者側からの評価は高いといった状況の反映だと言える。これまでに、40万人もの人が丸山ワクチンを使った。

なぜ丸山ワクチンの評価が高いかというと、「効いた」と考えている患者さんが多いからだ。丸山をクチンは、生物学製剤で、中身は結核菌の生成物であり、いろんな成分を含んだ生薬のようなものだ。どの成分がどのようなメカニズムでガンに効くのかは一切分かってていないのだが、雑多な成分がガン以外のところで作用することがある。

丸山ワクチンを使った患者さんが、「体が楽になった」とか「かゆみがなくなった」「気持ちが晴れる」といった実感を持つことが多いようだ。こういう効果をもたらす薬はいっぱいあるのだが、抗がん剤でこんな効果をもつものはない。抗がん剤は強烈な副作用で患者に苦痛を与えるのがむしろ普通だ。だから、統計的に実証される効果以上に体感として効果ありと感じる人が多い。副作用がなく、保険不適用にもかかわらず値段が安いというのも、人気の源だろう。

なぜ効果を実証したと認められないかについて、陰謀説や利権説が出て、話がややこしいことになっているのだが、「免疫強化」という薬剤は一般に効果の証明が難しい。ウコンとかアガリスクといった民間療法も、多くは「免疫強化」を謳っている。免疫の実態がよくわかっていないので簡単に評価ができないのだ。

免疫強化型の薬剤は、免疫力を高めてそれでガンに対処しようというもので、細胞を攻撃するものではないから副作用も少ない。しかし、その作用は間接的でしかない。もともと人間には免疫機構があり、これがガンの発生を防いでいるのだが、ガンになったということは、すでに免疫は一度突破されてしまったということだ。いまさら免疫を強化しても発生の防止には手遅れであり、すぐに劇的な効果を期待できるわけがない。

免疫強化の効果は、むしろガンの成長を遅らせると言った形で現れるはずだ。ガンの成長が緩やかになると、がん細胞にも寿命があるから、やがては、成長が止まったり、縮小したりすることも起こる。しかし、腫瘍の増大が緩やかになったとしても、増大している事には変わらないので、ただちに効果を証明することにはならない。効果が現れるためには時間がかかるとなると、当然その間に体調の変化や、病状の進展があり、効果の判別が難しくなる。ゆるやかな効果だから他の薬剤とも併用される。これでまた効果の確認が困難になる。

通常の抗がん剤は、直接がん細胞に作用して、がん細胞を叩く。正常細胞をも叩いてしまうので、副作用が激しい。しかし、一時的であるにせよ腫瘍が縮小するといった結果が目に見えるので効果の確認は容易だ。一時的な縮小が、実際の延命につながっているかと言うと、そうでもない。叩かれたガンは一時的に縮小しても、耐性が生じて、また大きくなり出すのが常だ。

本当の効果判定は、一時的なものではなく、がんという病気がが克服できるかどうかなのだが、この点ではどの薬剤もはっきりした効果を示していないのが現実だ。直接がん細胞を叩く薬が「効く」と評価されているのは、一時的な効果が見えるだけの事にに他ならない。目に見える一時的効果がない免疫強化型の薬剤は、あやふやな効果しか示せない。

だから、免疫強化型の薬剤が効果判定されることは少ない。クレスチン、ピシバニールなどといった薬が、なんとか効果が認められるという統計データを出して認可されたことがあったが、結局は後日効能が否定されることになった。こういった薬が、効能を否定されるまでの間に、莫大な売り上げを記録したことも、丸山ワクチン潰しの陰謀論を生み出すもとになっている。

しかし、免疫強化型の薬剤にも転機が訪れた。最近、開発されたニボルマブ(オプジーボ)も免疫強化型の新薬だが、はっきりとした効果を示すことが出来て、保健薬として認可もされた。値段が極めて高いことが問題になっている。丸山ワクチンとどこが違うかというと。分子標的薬で作用機序がはっきりしていると言うことだ。

T細胞が ガン細胞のアトポーシスを誘導するという免疫をになっているが、この働きを止めるスイッチ(PD-1)が表面に出てしまっている。がん細胞の方が、PD-L1などを用意してT細胞のPD1と結合することでT細胞を不活性にしてしまうので、この免疫機構はうまく働かない。ニボルマブは、このPD-1に蓋をしてT細胞を再び活性化する。作用機序がわかっているから、適応症も見つけ易い。悪性黒色腫に限って治験することで奏効率22%が得られた。22%は、あまり高い数字と感じられないかも知れないが、丸山ワクチンなどは、この基準で判定すれば1%以下になるだろう。

ニボルマブの登場で、免疫強化型のガン治療薬は、新たな展開が期待されるようになった。免疫機構の解明が進めばこうした新薬が次々と生み出され、一時的な効果だけで可否を問われていたがん治療薬の基準も変わっていくだろう。民間療法が強調する「免疫力」といった得体のしれないものに振り回されることも少なくなっていくだろう。

天皇をないがしろにする安倍晋三 [政治]

8月15日の戦没者追悼式に天皇が出席して発言した。「かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」と、まっとうな追悼の言葉だ。天皇とは面識もなく人柄をよく知らないのだが、言葉を聴く限りしごくまともな人間だと思える。

2000万人のアジア人が殺され、200万人の日本人も死んだあの戦争の悲惨なことは、東関東大震災などの小事件とは全くことなり、500年や1000年で忘れてはならない惨禍だ。当時、最高権力者だった天皇は、なぜこのような惨禍を生み出してしまったのかを痛切に反省せざるを得ない。現天皇は、当時まだ子どもで、直接戦争には関与していないが、軍部の独走を止められないどころか、自らも戦争にのめりこんでしまった天皇の一挙一動を見聞きしている。

ようするに、もはや一人の人間に全権力を集中させる体制が成り立たない時代であることを身を持って学んだのだ。統帥権が天皇にあるため、首相であっても、陸軍大臣には口出しできないような体制なら、軍は独走するに決まっている。大日本帝国は、戦争を拡大して行き、どっちみちどこかで破綻するしかなかった。天皇が全知全能であれば、制御することも原理的には可能だが、情報も限られている。昭和天皇は松岡洋介に騙されてヒットラーと組んでしまったことを死ぬまで後悔していた。現天皇は「象徴天皇」と言う言葉をしばしば使う。天皇は、あくまで象徴であるべきであって決して元首になってはならないと言うのが現天皇の信念になっている。戦前回帰には反対なのだ。

天皇の政府が引き起こしてしまった大惨事ではあるが、「国民のたゆみない努力により」復興を遂げた。「戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」、「世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と結んでいる。これもまともだ。日本は戦争で大変な誤りを犯した。しかし、なんとかまともな生活が出来るようになったのは、国民の努力によるものだと認めている。

追悼式では安倍晋三も発言しているが、これはひどい。天皇の発言にある「国民のたゆみない努力」を消し去り、「尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄がある」と戦争遂行の延長線上に今日を置く始末だ。犠牲を払って戦争を続けたことが何の役に立ったというのか。戦没者の多くは、勝ち目のない戦争を継続するために死んで行かされたのだ。

天皇が、こういった犠牲が避けられるべきものであったとして、「深い悲しみ」を吐露しているのに、安倍晋三は、まるで「犠牲」が必要なものだったかのように捻じ曲げている。戦争に対する反省はどこにも見られない。

天皇は単純に「世界の平和」を祈願するのだが、安倍晋三はちがう。「世界をよりよい場とするため惜しみない支援、平和への取り組み」として、平和に軍事活動を紛れ込ます。「世界をよりよい場とするため惜しみない支援」はイラク戦争への加担や、自衛隊の海外派兵であることは明らかだろう。戦争に勝つことが平和への道だとした東条内閣と変わらない。

安倍晋三は右翼であり、天皇礼賛者で、「臨席を仰ぎ」などと天皇を持ち上げているが、天皇の発言を真っ向から否定している。天皇崇拝を装いながら、天皇の発言をコケにしてはばからない。都合のいいときだけ天皇を利用する。これが現代「右翼」の正体なのだ。2.26事件の青年将校たちに言わせればまさに、「君側の奸」である。

またもや無駄遣いのPAC-3ミサイル [北朝鮮]

際限ない軍拡を指向する安倍政権は、PAC-3ミサイルを買い込むために防衛予算を増やして5兆円を超えるのだという。年金も、保育所も、介護施設も、全部足りないというのに、貴重な予算の無駄使いである。北朝鮮のノドンを防ぐためだなどとウソも甚だしい。PAC-3でノドンが防げるはずもない。

「ピストルの弾をピストルで撃つ」ようなことは難しすぎる。ネット上で撃ち落とせるなどと主張する意見も見られるが、全部いい加減なものだ。PAC-3 は、ミサイル本体のほかに、レーダーや軌道計算ユニット、通信ユニット、アンテナ、発電機までの一体となった移動式のシステムで、展開するのに1時間もかかる。ノドンは9分で到着するのだから、とても間に合わない。もちろん、常に展開しておけるような耐久性はないから、普段は格納しておかねばならないものだ。

あらかじめ、想定した時に撃ってくれて準備万端だとしたところで、やはり撃ち落とすことは出来ない。ノドンは高々度から急降下してくるので、重力の加速度により、マッハ6とかのとんでもないスピードを持っている。高々マッハ2のPAC-3に追いかけられるはずもない。

追いかけずにぶち当てるためには、真正面から迎え撃つしかないのだが、この場合の相対スピードはマッハ8つまり秒速4kmほどにもなる。これくらいのスピードになるとPAC-2で使われたような近接爆発では破壊できず、直接ぶち当てなくてはならない。PAC-3は直径10㎝位のものだから㎝単位の精度が必要になる。

1秒後4km先の5㎝を狙う軌道修正は難しい。そもそもレーダーにそんな精度はない。PAC-3のデモンストレーションで当たったとか宣伝しているが、全部、もっと遅いミサイルを標的にしたものだ。当てられるために、予想通りの軌道を正確に飛ばす努力の結果でもある。4kmの間には、気流の変化もあるし気温の変化もある。ましてやちょっと舵でも切られたら、当たりっこない。したり顔に数式を示したりして「当たる」と主張する軍事オタクサイトが多いのだが、精度の議論がすっぽり抜け落ちている。

ノドンに舵を切って迎撃ミサイルをよける機能はないという。確かによけながら正確に目標に到達するのは高度な技術で、そう簡単に北朝鮮が装備できるはずはない。しかし、よけるために舵を切るだけなら簡単なことだ。行き先を考えずによけても、霞が関などといった大きな目標物なら必ず当たる。PAC-3 の射程範囲は20kmにすぎない。もともと基地防衛つまり反撃用ミサイルを守ることしか想定していない。大きな目標物をねらうミサイルは防ぎようがなく、ミサイルによる都市防衛などありえないのだ。

イージス艦とSM-3の組み合わせによる迎撃も似たようなものだ。計算でノドンの軌道を計算して、来ると思しきところに先回りして飛ばすのだが、正確に軌道を計算するには時間をかけてデータを得る必要がある。行き先が浜岡原発なのか霞が関なのかを判断するにも数分くらいはノドンの軌道を追いかける必要がある。とりわけ、ロケット噴射をしている最初の段階では、いくらでも行き先が変わるから計算の仕様もない。残りは数分しかないのだが、それでも、うまく行けば、計算上はノドンが目標にたどり着くまでに出会うことはできるようだ。これも途中でちょっと舵を切られれば計算の精度は失われてしまう。

そもそも軍事に都市防衛はない。あるのは反撃兵器防衛だけだ。至近距離からの都市攻撃は防ぎようがない。近隣諸国とは争いを起こさないこと以外に国民の命を守るすべはないのだ。破れかぶれのミサイル発射に追い込むことだけは絶対に避けなければならない。交渉のテーブルに着かせるには、まず国交を樹立しなければならないのは当然だろう。すでに鎖国状態になっていて効果のない経済制裁などはむしろ逆で、日本製品への依存度を高めて、共存こそが生きる道だと思い知らせなければならない。

国民の生活を犠牲にして、多額の予算をドブに捨てる。馬鹿な話が横行しているのはなんとも情けない。PAC-3は極めて値段が高い。なんでも特注にして値段を吊り上げ、コンピュータもwindowsなんか使わないそうだ。それが24bitの6MHzCPUであると書いてあったのにはあきれた。スマホ以下だ。
メッセージを送る