So-net無料ブログ作成

イスラム国のテロに思う [社会]

バングラデシュで7人の日本人が殺され、改めてイスラム国によるテロリズムが問題になっている。様々なニュース解説があるが、警備を強化するだとか、各国が連携するだとかを報道するだけで、実際にはなんの解決策も見つけられていない。

なぜイスラム国の決死隊は自分の命を捨ててまで、日本人を殺さねばならないのかは、いまだに理解できない。一人二人ならキチガイの行動とすることもできるが、これだけ各地でテロ事件が起こるということは、イスラム国の考えに同調して自分の命を捨てる若者が少なくないということだ。被害者の死は取り上げられるが、犯人たちも命を捨てていると言うことを忘れてはならない。

イスラム国にはそれなりの主張があるはずなのだが、不思議なことにイスラム国の主張が報道されたことがない。不思議な現象ではある。我々の住んでいる社会とムスリム世界は隔絶されている。

ガザでは、多くの子供たちや市民が爆撃やミサイルで殺されている。しかし、世界ではこれが重大問題として取り上げられることはない。イスラエルはパレスチナを侵略し続けているが、世界ではこれが重大問題として取り上げられることはないし、どの国も親身になってパレスチナを救おうとはしない。

ムスリム世界の人たちは、世界から見放されているという絶望感を感じているだろう。文化はギリシア・ローマからイスラムに受け継がれた。中世にそれが十字軍に奪い取られ、あたかもギリシャ・ローマの文化は、直接ヨーロッパに受け継がれたこのような歴史観が定着している。世界はムスリムを無視しているのだ。

世界はムスリムを敵視する十字軍に支配されている。工業生産は圧倒的に十字軍のものだ。ムスリム世界で工業を起こそうにもすでに十字軍世界で作ったものが安く流通している。いまさら太刀打ちもできない。外国からの観光収入にたよると言う情けない状態から離脱する道が見いだせない。 解決策がないのだ。イスラム教国の政府は、どれもみな、十字軍に屈服して欧米や日本との「友好」に明け暮れている。誇り高いムスリムの業ではない。

なんでもいいから、とにかく十字軍諸国を追い出し、独自のムスリム世界を作る他ない。十字軍世界からは隔絶されたムスリム世界で、独自の発展を目指すのだ。それをさせない十字軍の干渉を許してしまっているのでは生きている価値がない。死ぬなら、敵を道連れにして、ムスリムの気概を示そう。

想像でしかないが、多分、そんな考えなのではないだろうか。やらせてあげればいいではないか。中央アジアにイスラム国を作るのなら、認めてあげればいい。世界から鎖国したいならさせてあげればいい。イスラム国の支配地域と重なる国々は、自国の一部がイスラム国に取られたというだろうが、国内問題に過ぎない。こういった国々は、外国の援助でなり立っている本当の意味では国と言えない類のものだ。それを有志連合で支援して爆撃までして押しつぶそうとするからテロが各地に広がる。

銃口を向けられ「私は日本人だ。撃たないでくれ。」と叫んだ人がいたと言うことだが、無駄だった。安倍首相は、各国を歴訪してイスラム国攻撃に金を出し、十字軍への参加を表明してしまっている。おまけに戦争法案を出して、実際に海外派兵も準備することが知れ渡っているからだ。イスラム国から見れば十字軍の一員でしかない。政府は殺された人たちに200万円の見舞金を検討しているという。震災でも、秋葉原の無差別殺人でも、こんな金は出さなかった。7人が殺されたのは安倍首相のせいだと意識はしているのかもしれない。

圧倒的な情報不足は否めない。もっとムスリム世界のことを知り、イスラム国の主張も聞くようにしなければ解決の糸口も見いだせないだろう。軽々しく十字軍に同調するのは避けるべきだ。
メッセージを送る