So-net無料ブログ作成

枡添君の誤算 [政治]

枡添要一知事がとうとう辞任した。世間から総スカンをくらい、仲間であるはずの自民党や公明党までも不信任案を出すという事態で観念せざるを得なかったのである。直ちに辞めず、副知事を選任してからにすると、粘り腰は変わらない。そもそも、ここまで頑張れるという精神力の強さには感嘆するほかない。超人ともいえる。

頭脳明晰、立ち回りがうまく、口も達者。不倫や誠政治資金の横領はずっと前から続いていたのだが、これまでうまく切り抜けてきていた。平気で「税金を私的に使う奴は泥棒だ」などと発言して、誰からも文句を言われなかったのである。誰からもと言うのは実は正しくない。共産党は早くから枡添君の金銭疑惑を問題にしていた。立ち回りの良さで、自民党公明党を味方につけ、数を頼んで押しつぶしていたのである。それが枡添君の政治手腕だった。

それが、ここに来て大きく狂った。大変見苦しい引き際を見せて、擁護する人は皆無という状態になってしまった。「なんで俺だけがこんなにいじめられればならないのだ」。枡添君は、納得できずにそうつぶやいている。豪華ホテル漫遊は石原だって散々やっていた。石原の無駄使いは桁違いに大きい。政治資金の私的流用は誰だってやっている。安倍晋三なんか政治資金を飲み食いばかりに使っている。法律をよく読んでみろ、政治資金はいくら私的に流用しても違法にはならない。

枡添政治学理論に従えば、これまでの行動は何の問題もないはずだ。初期の記者会見で枡添君は胸を張って答えていた。「厳正な第三者」の調査で、違法性がないことは確認されたはずだ。

石原の殿様が追及されずに済んだのは、「大物」演出に成功したからだ。「大物政治家だから細かいことは言うな」である。安倍晋三もこの手を使っている。残念なことに枡添君の場合、みみっちい流用で、小物感を作ってしまったのである。庶民は100億円になると実感がないが、1000円には目の色を変える。千葉のホテル、近所の焼肉屋、マンガ本。次々とみみっちい流用が浮かび上がったことで大物演出ができなくなってしまった。セコイ男のレッテルがべったりと貼り付いた。

立場の違いがわかっていなかったことも大きい。もし、大臣だったら、不適切だから大臣を辞任するが、合法だから議員にはとどまるという手が使えた。小渕裕子、西川公也、最近では甘利明がこの手を使った。定番の逃げ道になっている。ところが知事の場合、辞任すればただの人だ。往生際悪くしがみつく他なかったことが見苦しさを生み出した。

合法かどうかは、逃げ道のために人為的に作られた基準でしかない。政治家として本当に必要なのは適正かどうかと言うことだ。世渡り上手で、貧困からコネを使って這い上がってきた枡添君の政治学は、表面的な駆け引きに目を奪われて、基本の視点を失ってしまっていた。枡添君の政治生命あるいは社会生命はこれで終わりになるのだろうが、惜しいといえば惜しい、まともに育ってほしい人材ではあった。

第二第三の枡添君を生み出さないためにどうすればいいか。根本的にはいろいろあるが、目先として、最低限やらねばならないことは、やはり「不適切」と「不法」のギャップをなくすことだろう。政治資金は何に使っても良いという法律は明らかにおかしい。政治には金がかかると言うが、不適切な部分を除けば、実は金のかけようがない。選挙で撒けるビラは制限されているし、運動員に給料を払ってはいけない。

そもそも、議員になろうなどと言う人は、一定の支持者がいなくてはならない。ボランティアを募れないような人は議員になる資格がないだろう。巨額の政党助成金など必要なはずがない。株主のために利益を追求しなければならない企業が政治献金をするなどということは、買収行為でしかない。買収を認めている法律がおかしいのだ。

右翼、左翼と政治的主張はいろいろあるだろうが、金権腐敗をなくすことは主義主張を超えた緊急課題だ。いつまでも「政治と金」を放置しておけば、どちらの方向に進んでも日本は沈没を免れない。

続きを読む


メッセージを送る