So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎謙介が「いさぎよい」と見えてしまう [政治]

不倫騒動で宮崎謙介議員が辞職した。潔く議員を辞めて「僕に言う資格はないのだけど」と男性の育児休暇を推進する気持ちを披露したのは、心から反省している様子が伺え、「いさぎよい」と感じる。

身から出たサビで同情の余地はないし、妻を裏切るやからは、他人である国民も簡単に裏切るに決まっているから、辞職も当たり前ではあるが、これを潔いと感じてしまうのは、他のクズどもが甘利にも意地汚いからだ。(おっと、妙な変換が入ったがそのままにしておこう)。

さんざ、私腹を肥やした金権たかり男の西川公也は、大臣を辞めただけで、今も議員に納まったままだ。病気の診断書を出して秘書と遊びまわっていた上西小百合も議員の椅子にしがみついたままだ。下着泥棒の高木毅も健在である。口利き商売の甘利明にいたっては、秘書の疑惑については後日と言ったままで、いまだに詳細を明らかにせず、このまま逃げおおせようとしている。

宮崎謙介は、刑法犯ではない。甘利などは明らかな刑法犯だ。口利きの事実は揺るがないし、金を受け取った事実も揺るがない。「議員の特権を利用して」にひっかからなければ犯罪が成立しないという法律の抜け道を使っている点で最も悪質だと言える。普通の人間には、口利きなど出来ないから、口利きをした段階で議員の特権を利用しているといえるのだが、もし、起訴されなければ、多分、検察にも手を回した結果だ。

次々とスキャンダルが起こり、そのたびに国会の審議が止まる。スキャンダルが常態化している政府というのも実に情けない話だ。麻生総理がマンガしか読まない知的レベルといわれていたが、その流れは変わっていないようだ。島尻安伊子に至っては、北方担当大臣でありながら歯舞が読めないというのだから、あきれる。こんな面子ではスキャンダルが常態化しても仕方がないだろう。

しかし、こういった連中を議員に選んでいるのは、我々国民である。首相の任命責任ということが言われるが、我々には、選出責任がある。下着泥棒の高木毅がろくでもない人間であることは、経歴や演説ですぐに見抜けるはずだ。だれが考えても、元総理の娘であることだけが売りの女が、まともな政治家でないことはすぐわかる。にもかかわらず、こういった連中を議員に選んでいる国民は、選出責任を負わされてもしかたがない。

非正規雇用が広がり貧困が増えるのも、放射能に汚染されて身が危ういのも、年金が少なくて生活が苦しいのも、全て「選出責任」を問われた結果だから受け入れるしかないのだろうか。

改めて考えよう、金権議員どもを選挙で追い出す。これが正しい選出責任の取り方である。パーティー券を売りまくっているような政治家には一切投票しない。企業献金をもらっているような政治家には一切投票しない。そこまで決心しないと政治は良くならない。主義主張はその後だ。

メッセージを送る