So-net無料ブログ作成
検索選択

羊頭狗肉政治 [政治]

宋代の禅僧、無門慧開が、禅問答48講を集めた無門関という公案集がある。その第六則「世尊拈花」では、釈迦が弟子を集めて説法した時、何も言わずにただ一枝の花を見せたと言うことに付いての議論をしている。

皆黙った中で迦葉だけがにこりと微笑んだ。それで釈迦は「仏法の神髄を迦葉に伝授した」と言った。

無門和尚は、これに疑問を投げかけている。そんなことで仏法の真髄、正法眼蔵が伝わるものなのか?にっこり笑っただけで伝わったことがわかるものなのか。もし、全員がにっこり笑ったり、だれも笑わなかったら、どういうつもりだったのか?このやり方は「羊頭を懸けて狗肉を売る」ではないのか?

この問いかけが、禅問答なのだが、ここで初めて使った使った羊頭狗肉と言う表現が、今に伝わるものだ。下敷きはあって、古くは『晏子春秋』に「猶牛首を門に懸けて馬肉を売るがごとし」というのもある。

必ずしも偽物というわけではない。掲げているのは羊の頭であるが、それが直接、羊の肉を売っていることを意味するわけではない。だから売っているのが、犬の肉であっても構わない。ということになる。それでいいのか?

日本の選挙で行われていることは、まさに羊頭狗肉である。確かに、自民党は選挙で多数議席を得た。しかし、選挙の時に「戦争法案賛成の私に一票を」と訴えた議員は一人もいない。「中央とのパイプで、予算を取ってくる私に」とか、「夢を与えるイケメンの私に一票を」などといったことばかりだった。戦争法案について語ってないのは公約違反ではないと居直っている。多くの人達が戦争法案に反対だったが、それは国会の議席には反映されていない。なぜこういった羊頭狗肉が横行するのか。

選挙制度に問題があると言うべきだろう。知名度だけが大切で、名前の連呼で終わるような選挙では、まともな結果は出てこない。政治家が、もっと切磋琢磨されなければならない。選挙運動を自由化して、もっと政策を語らせねばならない。選挙期間も短すぎる。だから二世とかタレントばかりが議員になることになる。

選挙制度は国の根幹に関わる問題だ。議員がまともに選出されることは、国の命運を決めることだ。おろそかにしてはならない。羊頭狗肉で選ばれた議員たちが世論からかけ離れたことをやる事態が続けば、日本は、どんどん衰退していくだろう。

日本の政治風土の根底を正すためにも、羊頭狗肉に対するしっぺ返しをするべきだ。戦争法案廃止の一点で自民党に協力対抗すれば、次の参議院選挙で過半数を取れる。戦争法案賛成勢力は3分の1しかいないはずだ。野党が協力に合意すれば、そのことで選挙の争点を一点に絞ることができる。この一点に争点を絞ることで、羊頭狗肉を排除できるのだ。

MRJの初飛行 [技術]

国産ジェット旅客機MRJの初飛行が話題になっている。重苦しい経済状況を伝えるニュースばかりの中で、久々な明るいニュースと言える。日本の家電が次々と落ち目になり、現在は自動車だけが経済を牽引している状態だが、韓国や中国に追いつかれるのは時間の問題となっているから、航空機という分野に活路を見出したくなる。

航空機に進出するという発想そのものは陳腐であり、日本は過去にYS11という旅客機を国の主導で開発したことがある。国内線ではかなり普及したとも言えるが、結局150台程度で生産を終了し、合弁で作った航空機会社は解散してしまった。制作費が高く、蓋をあけて見れば赤字生産でしかなったのである。航空機会社自体が、関係各社からの出向による寄り合い所帯、というより、天下りの巣窟であり、経営も杜撰だった。

当時は、日本の技術に対する国際的な信用度も低く、実際、振動や操縦性の悪さなどの欠陥も露呈していたし、技術的にも古さの目立つものだった。MRJについては、複合材料を使うなど、最新の技術を駆使しており、他に比べて見劣りのするものではない。経営の環境も、今度は三菱重工だけへの肩入れであるから、異なっている。だから期待が高まるのであるが、気になる点も多々ある。

そのひとつは、相変わらず国のテコ入れで成り立っていることだ。この開発には1000億円の税金が投入されている。こういった場合には必然的に政治家や官僚がからんで、非効率を導き入れるものだ。そういった非効率を許すほど国際的な競争は甘くない。YS11の轍を踏む懸念は十分にある。

100人以下を乗せる旅客機は、すでに各国が生産しており、カナダのボンバル、ブラジルのエンブラエル、フランスのエアバスなどが高いシェアを占めている。これにロシアのイリューシン、スホーイ、さらに、中国のAVICIが競合する。こういった中で、MRJが経済的に成り立つためには700機ほどもの売上が必要だ。これに対して現在の受注見込みは、300機程度でしかない。中国のAVICIはすでに300機を受注している。前途が楽観できないのが現実ではあるが、これは頑張りを期待するしか無い。

日本の航空機技術ということからは、むしろホンダのhondajetのほうが、期待できるかもしれない。7人乗りの小型機ではあるが、革新的なデザインで、この種の飛行機としては、最も速く、最も高度がとれ、最も燃費が良いと評価されている。この夏に型式認証されて、いよいよ販売開始だが、すでに再来年出荷分まで予約が詰まっているという。実はこれも問題がある。開発・生産がすべてアメリカで行われている点だ。確かにホンダ資本ではあるし、日本の技術者が開発に貢献はしているが、これがどの程度日本の航空機技術として国民生活や経済に影響を持つかは疑問だ。国内で開発。生産できないことがもどかしい。日本に、こういった技術開発の基盤が失われていることを示している。

日本の技術発展に期待したい。しかし、低賃金を押し付け、技術者を切り捨てている現状では、日本での航空機産業の発展を期待するのが空しいような気さえする。

パリで多数死亡のテロ------ニュースを読む [社会]

パリで驚くような大掛かりなテロが発生した。まだ日本では詳しいことが伝えられておらず、情報は交錯しているが、合計127人が死んだとされている。現在の所6箇所で金曜日の9時半から10時の間に起こっている。CNNやAljazeeraの情報をまとめて見るとこんなことだろう。BBCによると死者は128人、重傷者は99人である。

場所被害犯人
9:20
9:30
9:53
Stade de France(サッカー場) 4人死亡
-->犯人3人と通行人1人 
 自爆2回--->3回
1人はスタジアム前2人は路上
9:25Le Petit Cambode (レストラン) 14人死亡 黒い車で乗り付けテラス客を銃撃
9:25Rue Alibert(路上)
Le Carilon Paris(レストラン)
 1人死亡 上と同じ犯人が同時に
9:32Rue de la Fontaine au Roi(路上)
La Casa Nostra(レストラン)
 5人死亡 黒い車からテラス客を銃撃
9:40Bataclan(コンサートホール) 99人死亡 2人自爆、1人自爆前に射殺
9:36La Belle Equipe (レストラン)  18人死亡 黒い車からテラス客を銃撃
9:40Comptoir Voltaire (カフェ前路上)  犯人1人死亡

サッカー場はパリの中心から10km北の郊外にあり、あとは中心部の11区で、北から南へこの順に2.5kmの範囲に並んでいる。状況が詳しいのはコンサートホールで、Eagles of Death Metal というバンドが演奏中だった。

入り口付近から若い男たちが入ってきて発砲した。何度か弾を込めなおしながら10分間近く撃ち続けた。黒の服装だったが、覆面はしていなかった。"Allah akbar."と叫んだと言う。爆弾を腰に巻いており、警官が踏み込み3人が自爆 一人は自爆前に射殺された。逃げ出した観客は、路上に多数の死体があるのを見た。さきほど、ISISが8人の兄弟がジハードに決起したと声明を出したというから、イスラム国のテロであることに間違いはない。

これだけもの人たちの命を奪う卑劣な行為を許すことは出来ない。フランスでは、去年にもテロが起こっているが、厳重な警戒をしても再発を防ぐことは出来なかった。現場からエジプト・シリアのパスポートが見つかったとはいうが、パスポートを持ってのテロ出撃もないだろう。犯人たちどうしはフランス語で話していた。銃撃が始まってから、犯人を皆殺しにするまでわずか15分。警備はこの上なく万全だった。犯罪歴のない普通の人がテロリストに変身するといった事件は警備で防ぎようがない。

シリアのIS空爆にフランスが参加したことがテロの理由だ。ISにしてみれば、空高くから爆弾を落としてくる敵には打つ手がない。当然、その後方を狙う。一番弱い後方は本国に決まっている。遠くシリアでの戦争は、政府がしていることであり、パリの市民は関係がないと思っていただろう。しかし、ISにしてみればシリア国内もフランスも同じことだ。

日本の戦争法案も、どこかに出かけていく自衛隊だけの問題ではない。安倍が何かをしでかせば、日本人全体がしっぺ返しを食らう。このことはしっかりと覚えていおく必要がある。なくなった人への哀悼はいいが、「IS撲滅支援」などと下手に発言すれば、「日本にもテロを」と同じことになる。普通の人は、選挙の時点で、誰が選ばれようが、自分の生活には大きな影響がないと思い、軽い気持ちで投票しているだろう。しかし、政治家というのはわれわれの命を奪う結果をもたらす行動が出来る。軽々しく、政治家をを放置してはならない。

犯人たちは、特攻隊として自分の命をも捨てる覚悟でいた。実際、3人は誰をも巻き込まない単なる自殺でしかない。どういった気持ちで、8人ものフランスに暮らす人間が、このような行動に至ったのかはよく理解できない。多分、それが問題なのだろう。相手を「気違い」などとしか思えないのでは問題の解決の仕様がない。イスラム世界に暮らす人たちとの相互理解にもっと留意すべきであることは間違いない。今度の事件で、治安強化などという対応に終始することは無策に等しい。

パリ同時テロ事件の謎 [社会]

パリで129人が亡くなる大規模なテロ事件が発生し、世界から非難の声が上がっている。ISISが犯行声明も出しているから間違いなくISISによるテロだろう。捜査も迅速に進んで、いろんな事実も解明されて来ている。しかし、依然としてこの事件には謎がある。パレスチナでは100人単位の虐殺が何度も起きているし、シリアの空爆でもはるかに多くの一般市民が亡くなっている。フランスの事件だけが多くの哀悼を集めることに違和感がある。

三箇所のテロ攻撃対象の一つがフットボール競技場だというのだが、観客も職員も、何の被害もなく、試合も最後まで続けられた。3人が自爆したが、2人は競技場から少し離れた所で誰も巻き込まずに死んだ。もう一人は競技場の入り口近くだったが、巻き添えになったのは「通行人」だった。つまりこの事件はフットボール場を狙ったテロとは言えない。3人が武装すれば、フットボール競技場に押し入る事も出来たはずだが、犯人たちにその意図はなかったとしか考えられない。これは単なる競技場周辺での自殺事件でしかない。

同じように、パリ中心街での爆発も、犯人一人が路上で爆死しただけで、被害者はなく、現場写真はレストランのガラスすら壊れていない迫力のないものになっている。これもテロと呼ぶには、ふさわしくない。犯人たちに、多数を殺傷する意図が感じられない。犯人たちの行為は自殺を目的としたものであったと考えるしかない。シリア、イラクでの無人機によるテロや大量の爆弾の投下に対する抗議の自殺だったのだろうか。あるいは、自殺しかなくなるほどに追い詰められていたのかも知れない。追い詰めたのは、やはり警備警察だろう。

しかし、あとの現場での銃撃は、レストランの客を狙った無差別攻撃だから、典型的な無差別テロ事件と思われる。しかし、ここでも謎がある。それは、あまりに早い警察の対応だ。犯人たちがレストランの銃撃を始めたのが、9時25分。コンサートホールで警察との銃撃戦になったのが、9時40分。その間わずかに15分だ。犯人たちは観客を人質に取ったとされているから、警察の対応は、犯人たちがコンサートホールに入る前から始まっている。犯人たちはコンサートホールに逃げ込んだ形だ。

わずか、15分で、通報を受けて、出動命令で現場に行き、状況を把握し、中の観客の安全を考慮した決断の上で、犯人たちを射殺することが出来るのだろうか。 犯人3人のうち、2人は自爆したが、あとの一人は、自爆のスイッチを入れる間もなく射殺されている。余りにも早い対応が疑問だ。むしろ警官隊は犯人を待ち伏せしていたのではないかと疑われる。

フランスは、テロの報復として、テロの5日後に原子力空母をシリア爆撃に派遣した。しかし、実はテロの一週間前に、派遣を決めている。テロのあと犯人たちのアジトを襲撃して8人を拘束して2人を殺しているが、やはり、素早い動きで、テロが起こってからの捜査ではないことが伺われる。5000発の銃弾を撃ち込んだというから、強制捜査のやり方も苛烈だ。

フランスが、シリア内戦への本格参入を決め、そのための世論作りとして、ISIS関係者の襲撃を図ったのではないだろうかと疑われる。フランス警備警察は、捜査と銘打ってアジトの襲撃・射殺を行う。警備体制が強化された状況で身動きならない犯人たちはこれを察して、絶望から自殺を図った。一部は市民を巻き添えにしたが、それこそ警察の思う壺で、待ち構えていた警察に制圧された。警察は、市民の巻き添えを考慮することなく踏み込むことをあらかじめ決めていたが、想定以上に被害が大きくなった。事件の真相としてこんな推論が成り立つかもしれない。

ともかく、この事件の謎は残されたままになっている。謎は謎として指摘しておく必要があるだろう。

エントロピーの正体を説明して見る [雑学]

エネルギーは割とわかりやすい。しかし、エントロピーはわかりにくい。熱力学を使って抽象的な説明をされても、なかなかわかった気がしないのではないだろうか。温度はどうだろう?体感出来るから直感で理解できそうだが、本当は得体が知れない。エネルギー、温度、エントロピーは3点セットで理解する必要がある。抽象的でなく、実体に則した説明を試みる。

熱はエネルギーの形態の一つだということはわかる。当然、大きなエネルギーがあると温度は高くなる。しかし、大きなものは少しくらいのエネルギーで熱くはならない。温度というのは大きさあたりのエネルギーと言えそうだ。しかし、この場合大きさというのは何だろうか? 分子の数でも良さそうだがそればかりではない。気体の場合、分子が飛び回る空間が違えば入るエネルギーの量も違う。しかし、体積としてしまうのもおかしい。固体の場合もあるし、回転のエネルギーを持てる分子もある。

そこで、これらを一般化して状態数ということを考える。体積が大きければそれだけ分子の位置という状態が増える。分子が多ければそれだけ分子配置の状態が増える。何でもいいから、状態があれば、それが熱の入れ物になる。「エネルギー=温度X状態の数的なもの」と考えれば説明がつきそうだ。状態数の少ないものは少しの熱ですぐ温度が上がる。体積とか質量とか回転自由度とか、みなひっくるめて状態で片付く。

熱エネルギーの入れ物の大きさがエントロピーであり、その正体は状態の数だという理解でよさそうだが、この説明で、何でも一緒くたな「状態」として数だけの問題にしてしまうことには引っかかりがある。実際、いろんな状態は決して平等ではない。しかし、このことは後回しにして、今のところは状態ということで、ひとくくりにしておこう。実は先に片付けなければならない問題があるからだ。

それは状態数は常に掛け算になるということだ。(全体の状態数)=(Aの状態数)X(Bの状態数)である。ある温度にある系の全体をAとB、2つの部分に分けて考えてみよう。(全体のエネルギー)=(Aのエネルギー)+(Bのエネルギー)でなければならないのだが、(エネルギー)=(温度)X(状態数)だとすれば、全体のエネルギーは個別のエネルギーの和にならない。

全体で考えた場合と、それぞれに分けて考えた場合で違ったエネルギーになってしまうのだから具合が悪い。この考えの行き詰まりを解決する方法がある。それは

S=Log(状態数)                 (注1)

というものを考えて、これをエントロピーと名づけ、エントロピーが、熱エネルギーの入れ物としての大きさとすることだ。そうすると(全体のエントロピー)=(Aのエントロピー)+(Bのエントロピー)だから、部分で考えても全体で考えても矛盾しない。エントロピーとは、<対数化した状態数>であり、熱の入れ物の大きさを表しているものである。いきなりLogといった数学関数が出てきてしまうのだが、これは状態数を測る物差しが変わっただけのものだ。状態数が2つの場合、エントロピーはLog(2)、状態数がNの場合はLog(N)がエントロピーになる。Log(2)を1ビットと言う。

ここで、先ほどの状態の不平等に話を戻そう。平等な状態数がNの場合、その一つの状態が起こる確率はP=(1/N)だから、エントロピーはS=Log(1/P)=-Log(P)と書いても良い。こうすると1粒子あたりのエントロピーが考えやすい。n個の粒子のエントロピーは-n Log(P)になる。

起こりやすい状態と起こりにくい状態の区別は、当然ある。状態数などということを持ち込むのに抵抗があるとすれば、これがその原因だ。S=-Log(P)と言えるのは、全ての状態の確率が等しい時でしかない。では、それぞれの状態になる確率p(i)が異なるときはどうなるだろう?

Log(1/P)は、それぞれの状態で異なるエントロピーの平均的なものだったと考えるべきだろう。一般にp(i)と言う確率分布があるとき、f(i)の平均は、Σf(i)p(i) になるから、エントロピーも

S=<Log(1/p(i))>=-Σp(i)Log(p(i))

とするのがよかろうということになる。概念の拡張になるが、1つの状態だけが確率1の時はS=0になるし、全部が等しい時は1/Pになるからこれで正しそうだ。状態数を確率に置き換えることでエントロピーの正体がはっきり定義された。エントロピーは確率しかわからない事象を、もし確定するとしたら、そのために必要な情報量という意味合いになる。これで「状態数」にまつわるあいまいさもなくなる。確率ゼロで実在しない状態ならいくらでも数えられるから、状態数などと言うのは、もともと、あいまいな言い方でしかない。エントロピー自体も温度で変化するので、エントロピーあたりのエネルギーと考えた温度も、正しくは

T=dE/dS

と、微分形で書かれる。これで温度とは何かもはっきりした。体で感じられることとは逆で、論理的にはエントロピーとエネルギーで温度が定義される。自然世界を数学で解釈するという奇妙な体験をするのが統計力学である。そのためか、エントロピーについては、俗論が多い。「乱雑さ」などと言う表現も必ずしも正しくない。乱雑な位置に置かれていても、それが定位置となっておればエントロピーが高いわけではないからだ。熱現象のように個々の構成要素の情報がなく、確率としてのみ捉えられる時にエントロピーが生まれる。エントロピーを言葉で表現するなら「確率分布の広がり」とでも言うべきだろう。

エントロピーの重要な役割と言えば「エントロピー増大の法則」がある。念のために言えば、これは、エントロピーが勝手に増大していくと言うことではない。変化がなければエネルギーもエントロピーも一定である。変化が起こる場合は、エントロピーが増大して行き、最大になったところで定常になるというだけだ。

変化がある場合として温度の異なる2つのものを接触させた場合のことを考えてみよう。2つのものの温度はだんだん同一になって行く。単純に状態数といった場合、何の変化もあるわけではない。しかし、エントロピーは状態数そのものではなく-Σp(i)Log(p(i))である。確率分布だから温度によって変化する。

温度が高かったほうのエントロピーは下がり、温度の低かったほうのエントロピーは上がるが、両者の和は増えるという結果になる。(*注2) 逆方向の変化、つまり温度が等しいものが、異なる温度のものに分かれるというような場合は、エントロピーが減少するのだが、そのような事は起こらない。これがエントロピー増大の法則の意味だ。エネルギーだけで考えれば、両者の和が一定に保たれるから、どちらにも変化できることになってしまう。だから世界の変化を理解する原理にはエントロピーが必要になる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(*注1) 
普通はボルツマン定数が掛けてあるが、単位系だけの問題として省略する。
(*注2) 
温度の高かったほうをA、低かったほうをBとすると、dSA<0で、dSB>0 だが、全エネルギーは変化しないので
dE=TAdSA+TBdSB=0

これを全エントロピーの変化
dS=dSA+dSB

に入れてdSAを消去してやると
dS=(1-TB/TA)dSB

になり、dSB>0だし、TB < TAだからこれは必ずゼロより大きい。エントロピーは増大したことが示せる。この議論はエントロピーの正体とはかかわりなく、抽象的にそういったものがあると言うだけで、成り立つ熱力学の法則である。これが、エントロピーの正体をあいまいにする原因にもなっている。
メッセージを送る