So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の尖閣領有宣言は無かった [尖閣]

数年前まで、「日本固有の領土で、領土問題は存在しない」などと議論を避けていたが、最近は「尖閣は無主の地であったので、1895年に国際法に基づく領有宣言をして日本のものになった」というのが、宣伝されている。国際法は無主の地を領土として宣言することを認めているというのがその論拠だ。しかし、これは全くのウソである。外務省の公式見解も同じようなものであるが、微妙に領有宣言と言う言葉を避けている。

無主の地として勝手に領土にできるのは、実質上新大陸の発見などの場合に限られる。無主先占は広く領有を世界に知らせ、どこからもクレームがつかないことを確認して初めて成立するからだ。国境にある島など、所属未確定であっても、すでに知られている地は、勝手に宣言しただけで済むはずがなく、両国の協議で決める他ない。こんなことは、常識であり、明治政府も「先に領有宣言したもの勝ち」だなどと考えてもいなかった。

明治政府が何を考えていたかというと、韓国が竹島でやっているのと同じような既成事実の積み上げである。所属のはっきりしない尖閣に、こっそり国標を立てたり、漁民に上陸させたり、あるいは定住者を送り込んだりして既成事実を作ろうとしていたのだ。多くの既成事実が積みあがっておれば、協議は有利になる。当事の状況では、文献証拠はすべて中国であり、協議は圧倒的に不利だった。すぐに協議を始めるのは大変まずいことになるから秘密で物事を進めることにした。これは世界に広く「宣言」する事とは、相容れない方向だ。

清国の歴史文献も完璧なものではなく、清国領を証明するものではない。しかし、協議となれば、それは相対的なものだ。いくつもの文献がある清国に対して、日本には1つしか文献がなく、しかもそれは尖閣を清国領としている。琉球になにか手がかりはないかと調査したが「該島に関する旧記書類および我邦に属せし証左の明文 又は口碑の伝説等もこれ無し」という状態だから、圧倒的に不利だ。この時点で、まともに協議をしたら、まちがいなく清国領になっていたといえる。

結果的には、日清戦争で台湾まで日本領土としてしまったので、その中間にある尖閣は自然と日本領土となってしまった。下関条約に尖閣のことを持ち出さなかったのは当然で、わざわざ一旦清国の領土と認め、さらに条約で日本の領土とするような馬鹿なことをする必要はない。

尖閣は、所属が未確定だったが、日清戦争の結果による圧力で、無理やり日本領としたものだ。もちろん明治政府にとっては、それは何ら不都合なことではない。まさか、ポツダム宣言で戦争で取った領土は放棄しなくてはならなくなるなどと考えもしなかったからだ。

ところが、現在の日本政府は、明治政府が無主の地に新領土を宣言したと言っている。これは、領有の経過をなんとか日清戦争と切り離そうと現代の日本政府が考え出した策略である。後付だからいろいろと齟齬が生じてしまうのは当然だろう。

もし、尖閣が無主の地であり、領有宣言だけで所属が決まるのなら、清国に先を越されないように、急がねばならない。しかし、明治政府は10年も機会をうかがい、急いだ様子はどこにもない。明治政府は、国際法に基づいた領有宣言がどのようなものであるかを、もちろん知っていた。領有宣言で尖閣を取得するつもりなら、しっかりと手順を踏むはずだ。実際に、小笠原や硫黄島では、しっかりと各国に領有を通知している。ところが、尖閣ではそういった配慮を何もしていないのだ。

清国はおろか、どの国にも、領有宣言を通告していない。それどころか宣言文自体がそもそも存在しない。官報の隅にでも書いてあるのかと思ったが、どこを見ても領有宣言は書いてない。これでは、クレームがつかないのが当然だから、手順が間違っていて有効な領有宣言にならない。当時の政府内部文書が公開されているが、領有宣言を議論した記録すらない。領有を宣言するつもりなら、こんな間抜けなことはないだろう。やるつもりが無かったことが明らかだ。

外務省は1895年1月4日に領有宣言したから台湾取得以前だと言うが、その日やったことは、閣議で国標建設の許可を秘密裡に決めただけである。しかも、実際には国標は建設しなかった。日清戦争の結果、そんなものは必要なくなったからだ。秘密にしたままでは、どのような宣言にもならないのは当然だろう。この日の議事録「秘第133号」は1952年になって外交文書が公開されるまで、日本人でさえ誰も知らなかったのである。

外国政府が日本の尖閣領有を知ることが出来たのは、1897年6月3日の官報にある勅令169号(煙草専売法に関する特例!!)を見た時でしかない。これが日本政府による初めての公式な尖閣への言及になる。もちろん、下関条約で台湾まで手に入れてからのことであるから、尖閣領有を日清戦争から切り離そうとする外務省の意図は破綻せざるを得ない。

各国が領有を知ることとなった1897年には、すでに日清戦争後の力関係になっていたし、その3年後1900年には、北清事変で北京に日本軍が侵入した。その5年後1905年には大軍を中国に送り込んでの日露戦争になった。その後も第二次世界大戦が終わるまで、尖閣を問題にできる状況がなかった。これを利用して、領有にクレームがつかなかったから無主先占が成立したと居直っているのであるが、ポツダム宣言の受諾が優先するので、1897年の領有ではこれも破綻せざるを得ない。

1985年1月4日に、あたかもまっとうな領有宣言をしたように見せかけた説明をしているのはごまかしである。


-->尖閣関連を全部読む


戦後70年談話の結末 [政治]

戦争法案でもめる中、安倍首相が戦後70年談話なるものを発表した。多くの国民が戦争法案に反対を表明して支持率も下がる中で、「侵略」や「お詫び」を入れるとかで、多少のトーンダウンもあるのかと期待もしたが、結局、ひどいものを見せられた。こんなものが、僕の国を代表して世界に公表されるかと思うと、無性に腹が立ってくる。

書き出しにいきなり日露戦争賛美だ。「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」冗談ではない。朝鮮を支配下に置くことを決めた戦争だ。朝鮮人のだれが勇気付けられたのか。中国に大軍を送り込み、満州を我が物顔に戦場としたことを喜ぶアジア人がどこどにいる。厚顔無恥にも程がある。

第二次世界大戦の原因を。「欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進める」に求めている。これでは責任転嫁であり反省になりえない。「進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。」はアメリカへのリップサービスに過ぎない。

「先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました」と言うが、日本が奪った2000万人のアジア人の命については語らない。「これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある」は、歴代自民党政府が使ってきたフレーズだが、こんな欺瞞的なものはない。まるで犠牲は平和のために払われた必要なものであったかの言い方だ。本来、こんな犠牲は必要なかった。無駄に命を奪い、捨てさせられたのだ。その罪深さがまったく意識されていない。

戦後の復興についても、アメリカや欧州への感謝でサービスしているが、これこそ、必死になって低賃金で働いた日本人の尊い犠牲というべきものだ。それに報いることなく、さらなる低賃金、非正規化を推し進めている。これについては語らないし、戦後一貫して、戦前回帰を進めてきた事実も語らない。

一応、しおらしくアジアの人々に対するお詫びの言葉は入っているが、白々しい一般論で綴っている。「力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。」というなら、軍事費を過去最高にしたりするな。「我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい」というなら、元慰安婦たちの証言を嘘つき呼ばわりするな。

最後は、安倍政権の政策の押し付けである。「経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を」というのは、TPP推進の表明だろう。「価値を共有する国々と手を携えて、積極的平和主義の旗を高く掲げ」は、もうまるっきり戦争法案ごり押し宣言だ。積極的平和主義は安倍政権だけで消えて欲しい。最初から最後まで、日本国憲法の理想は一言も触れられずに終わっている。

暗雲立ちこめる東京オリンピック [社会]

新国立競技場の問題で混乱が続いている。白紙に戻して検討するにしても、なかなか前途は厳しい。そもそも、2020年の東京オリンピックは安倍晋三のウソで持ってきたものだからだ。

安倍晋三は誘致で二つのウソをついた。一つは、福島の汚染水問題が解決しているというウソで、もう一つが8万人規模のスタジアムを東京に作れるというウソだ。

この混雑する東京に、どうやって8万人がスタジアムに集まることが出来るのか。駐車場は論外として、電車の駅から歩く道が間に合わない。コンサート運営などで、5万人が限度だということがすでに証明されている。

5万人と8万人では建物の難度がかなり違う。1300億円などという予算を本気にする人は最初からいなかったのだ。だから予算を度外視したデザインコンペが行われた。すでに2013年には3400億円という見積もりが出ていた。それを隠して1625億円などと言う数値を発表していたのだ。

8万人の施設は維持費も高い。取り壊しだって莫大な金がかかる。オリンピック以後も使わないことには維持できない。そうなると屋根がいる。これだけの大きさの屋根を支えるとなるとアーチ構造は必須であり、広さの割りに高さの低いアーチは地下の支持構造も大変になる。ザハデザインはそれなりの必然性を持ったものだ。

実際に物を作らねばならないのだから、ウソはいつまでも続かない。開閉式屋根を五輪後として、予算からはずしたりしても2520億円と言わざるを得なくなって、東京都に500億円の出費を要請したことから破綻が始まった。白紙に戻して検討すると言うが見通しは立っていない。

屋根なし案は建設費を下げるが、その後の利用に制約を受ける。屋根無しで8万人の観客を集められるイベントはそう多くない。オリンピック後に、湯水のような維持費の赤字補填をつぎ込む事を隠したに過ぎない。

では、どうすればいいのか? 一番いいのは、正直にウソを謝ってオリンピックを返上することだが、世界に迷惑をかけるというなら、半分の4万人規模のスタジアムにすることだ。そのかわり、5年先のテクノロジーを使って、精細な臨場感のある映像をネットワークで配信する。実際、あまりにも大きく、選手が点にしか見えない会場よりも、このほうが観客も見やすい。

オリンピックも、馬鹿でかいスタジアムといった発想から解き放たれるべき時代にある。

------------<追記>------------

続きを読む


三上満さんの生き方 [社会]

三上満さんが亡くなった。いくつかの本を読んだり、演説を聞いただけなのだが、この人の生き方には、感銘するところが多い。

人間の能力には3つの種類があると思っている。実際の仕事をこなして成果を出す現場力、多くの人を指導して物事を達成する組織力、じっくりと冷静に考える学問力、この内のどれか一つでも達成できれば、人は人生をまっとうしたことになる。

三上さんはこれを全部達成した。脚本家の小山内美江子は「3年B組金八先生」を三上さんをモデルにして書いたと言う。三上さんは、教育現場で、非行を始めとする教育の問題に敢然と立ち向かう熱血教師だった。彼の実践記録は多くの心ある教師たちの道しるべとなった。東大を卒業して公立中学校の教師になったのだが、そんな人を他に聞いたことが無い。エリート志向とは無縁な教育に対する情熱がなんとも素晴らしい。

三上さんは、自分が教育に取り組むだけで留まらなかった。教員仲間を組織して教員組合を組織していった。全ての子供たちに自分が接することが出来るわけがない事を理解していたからだ。彼の教育実践は決して自己満足ではなかったということだ。組合活動の中でも血のにじむような苦労をしている。

日教組の中でも反主流派で、教師は単なる労働者ではないと言う主張を曲げず、日教組中央からは排斥されることになった。東京都教組委員長時代に、日教組が分裂し、全教委員長、さらに全労連委員長になった。困難の中で組織をまとめる能力は誰にでもあるものではない。

現役を退いてから、宮沢賢治の研究を進めた。「明日(あした)への銀河鉄道 わが心の宮沢賢治」(新日本出版社)は、数ある宮沢賢治研究のなかでも秀逸である。雨ニモ負ケズの中で、「行ッテ」を何度も使い、「行ッテ思想」のこだわりがあることを見出している。三上さん自身も、3.11のあと、何度も東北に足を運び、「行ッテ」を実践した。世の中は空論では進まない。啄木賞の授賞式で、「組合活動で戒告や減給など罰ばかり受けてきたが、賞をもらうのは初めてで嬉しい」と言っていたのが強く印象に残る。

出世、名誉、金、自己満足、 そんなものをはるかに越えた大きな人生だったと言える。

寝屋川の中一殺人事件を推理する [社会]

普段はニュースショウなど見ないのだが、病院の待合室でつけてあったテレビが、盛んにゲストの推理を放映していた。この種の評論家というのはいい加減なもので、まったく推理になっていない。さも、大きな謎があるかのごとく、興味を煽っているのが腹立たしい。時系列を素直に追えば、何が起こったかは明瞭だ。試みに僕の推理を書いておこう。

午前5時8分の映像から二人は寝屋川駅にいたことは確実で、5時11分には犯人である山田浩二も寝屋川駅に来ている。ここで山田の車に乗ったことになるのだが、いきなり二人組みの中学生を車に監禁できるはずがない。自宅に戻ったならマンションの防犯カメラに写るはずだから、自宅には行っていない。福島での職場確保もままならない山田が自宅以外の監禁場所を持っているとは思われない。縛った粘着テープは、まだこの時点で購入していないのである。

二人は夜通し町をうろついたりしているから、おそらく、車に乗せてもらってしばらくして寝込んでしまったのだ。若い子は睡魔に弱い。あるいは目覚めていたかも知れないが、この時点ではまだ「犯罪」に及んでおらず、「親切なおじさん」だったと考えるべきだ。山田は二人を自由にさせたまま約束のあった刑務所での面会をすませた。瞬時に終わったと言う事は、車で寝ている2人を気にしたからだ。

その後、12時39分に大阪府柏原市内のコンビニで、粘着テープを買って犯行の準備に入った。時間的に、ここへは直行だったと思われる。おそらく犯行は、星野君の遺体が見つかった山中だろう。午後10時25分に枚方でガソリンを給油するまで、10時間もあるから、この間に悲惨なことが起こったにちがいない。

何らかの理由をつけて、柏原から奈良方面への山中に誘い出した。二人を脅して、まず粘着テープで縛ってしまう。スタンガンなんかも使ったかも知れない。まさか殺されるとは思わず必死の抵抗はなかっただろう。こうなったあとは、二人いても大きな抵抗は出来ない。争った後がないのはこのためだ。車に大量の血痕がないのは、殺したあと積み込んだからだ。

二人を殺して、星野君の死体を捨て、平田さんの遺体を車に乗せた。軽に死体を2つ積み込むのは難しいし、同じところに二つの遺体を置いたのでは目だってしまう。

10時25分に高槻で給油のあと午後11時10分ころ高槻の現場に行き、平田さんの遺体を遺棄した。そのまま自宅に帰り、午後11時25分にマンションの防犯カメラに山田の姿が記録されたのである。

別に大きな謎がある事件ではない。お母さんが夕方から深夜までパン工場で働かなければならない家庭の女の子、再婚で妹が2人いて、苦労している若い母親の男の子、二人が夜中に出歩いて、殺人者に出くわして短い人生を終わらさねばならなかったという、なんともいえない哀しい現実を見せ付けられただけの事件だ。

メッセージを送る