So-net無料ブログ作成
検索選択

あえて言うあんたらアホの集まりだ-----目に余る政界劣化 [政治]

昨今の安倍政権の驕りと傍若無人振りはひどい。国会でどれだけ嘘をついても平気、真実が明らかになっても絶対に嘘を認めない、昨日言ったことを舌の根の乾かないうちに覆す、自らの説明責任を相手の責任にすり替える、肝心の質問に答えないで関係のないことを長々と喋る...などなど、今国会の安倍政権の振る舞いは、日本の憲政史上空前の汚点を残したといっても過言ではない。

こうした国会の汚点を数の力で押し切っているが、その数を構成しているのが劣化した議員たちだ。政治家として最低限必要な倫理感覚がない国会議員が続々生まれてくる。もう土壌が腐敗してしまっているとしか言えない。その典型が「安倍チルドレン」といわれる自民党当選2回組だ。既に発覚したものだけでも、以下のように枚挙の暇もない。

武藤貴也(滋賀4区、未公開株絡みの金銭詐取で離党)
宮崎謙介(京都3区、育休取得を表明しながら不倫で辞職)
務台駿介(長野2区、政府職員にオンブで被災地視察)
中川俊直(広島4区、重婚容疑や不倫、ストーカー行為)
大西英男(東京16区、がん患者は「働かなくていい」)

それに加えて今回の豊田真由子(埼玉4区)だ。罵詈雑言の激しさは常軌を逸している。尋常のキャラクターではない。やはり人格破壊の病気だというしかない。国民を代表して政治を議論するなどというレベルからは程遠い。

本来、民主主義はこういった愚劣な議員を国民の意思で排除できるのが筋なのだが、そうなっていないことが問題だ。選挙期間がやたら短く、ビラや立ち合い演説会を極端に制限して、金の力で作られるイメージだけで投票させる仕組みがあるし、小選挙区で少数意見を抹殺してしまう。さらには、小選挙区で負けてさえ比例復活を許す二重立候補制など制度的にも民意を捻じ曲げる仕掛けを作ってしまっている。

しかし、安倍政権のやりたい放題を許してしまっているのは結局、国民だ。こういった制度の下でも、投票者がしっかりと自覚を持てば民主主義を実現する可能性は残されている。議員の劣化・腐敗に関しては、当該選挙区の住民に自らのアホな投票を痛烈に反省してもらいたい。

あえて言う。滋賀4区、京都3区、長野2区、広島4区、東京16区、埼玉4区、あんたらはアホの集まりだ。あんたらのアホさのために日本中が迷惑している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る