So-net無料ブログ作成

詐欺の構造--山辺節子とJG [社会]

山辺節子というミニスカ婆さんの詐欺が話題になっている。30代と偽る若作りをしていた事や「豪遊」がもっぱらの興味になっているが、一人で8億円もの金額を詐欺できたことのほうが、本当は驚かれるべきものだ。この手のPonzi Schemeによる詐欺は、それほどまでにたやすくできるものなのだ。。

オレオレ詐欺などが頻発しているが、一件で何億にもなるものはない。巨大詐欺のほとんどは、このパターン、Ponzi Scheme だ。1920年代にCharles Ponziによって始められて以来、性懲りもなく繰り返されている。日本でもオレンジ共済事件(93億円)とか安愚楽牧場事件(4200億円)などが有名だ。これに比べれば山辺節子の詐欺はPonzi Schemeとしては小規模なものだ。

Charles Ponziがやったのは、高利率を約束して出資させることだ。実際にはなんの運用もせず、原資を取り崩して利息を支払うだけである。原資が無くなれば支払いは出来ないから、当然すぐに行き詰るはずだ。しかし、高利率の利息が支払われることによって信用が高まり、更なる投資を呼び込むことができれば原資が増えて支払いが続くのである。もちろん支払いも増えるから、さらに投資を増やさなくてはならない。詐欺の規模は膨れ上がりそして結局いつかは破綻する。

なぜ必ず破綻するこの手の詐欺が繰り返されるかというと、すぐにバレず破綻するまでに長い時間がかかるからだ。この間、詐欺師は金持ちであり続け名士にさえなりうる。最大の詐欺師Bernard Madoffの場合、25年も詐欺を続け、名声を得てNASDACの会長にまでなった。オレンジ共済の友部達夫は自民党の参議院議員になった。

単純に考えても、10%の配当で原資が無くなるのに10年かかる。もし、毎年、顧客を増やして行くことができれば、もっと長引かせられる。10%配当で25年持たすためには、毎年10%顧客を増やすことで事足りる。実際には、自分が「豪遊」する分があるから、破綻はもう少し早い。事件となったものには「豪遊」する事例が多いのだが、これは、破綻が迫ってくる不安に駆り立てられる心理から来るものかもしれない。

似たような詐欺にねずみ講があるが、こちらは急速な投資の拡大ができることが特徴だ。単純なPonzi schemeでは胴元は一人なのだが、ねずみ講ではレベルを階層化して、下のレベルが上のレベルに支払う仕組みを取る。顧客を共犯者にして責任を分散させるしかけだ。顧客に新たな顧客を勧誘させるのだから、勧誘配当を払っても利益はあまりある。これも無限に広げることは出来ないからいつかは破綻する。

ねずみ講の場合は、「少し商品の実体を付ける」といったことが行われている。商品の購入で終わり、配下を広げない顧客が存在すれば、そこで連鎖は平和的に終わることができる。もちろんそういった末端の顧客は商品を高額で買ってしまうことになるのだが、大きな被害ではないので、大騒ぎにはならない。こうした「ごまかしねずみ講」はMLM(Multi Level Marketting)と称して合法化までされている。アムウェイはその例だ。

Ponzi schemeも堅実にやれば、もっと破綻は遅らせることができる。少し運用して稼げば30年は持つ。「少し運用する」と言うのが微妙なところで、こうすると「運用の失敗」と「詐欺」の境界がわかりにくい。詐欺の途中、資金が出来たところで、企業買収などをやって実体を作るなどと言うこともある。「ウソから出たまこと」の会社も実は少なくない。これは完全犯罪とも言えるものだ。欲を出して株価操作までやってしまったから捕まったが、ライブドアの堀江などもこれだった。

最初から詐欺を目論むと言うことは稀で、むしろ運用の失敗を隠して詐欺に発展することが多い。こうしたグレーゾーンの詐欺は実際に横行しており、その資金力にものを言わせて、政治家を取り込んで信用を作っていることが多い。政治家も甘い汁を吸いたいからだ。最近も自民党の加藤勝信がジャパンライフに肩入れしていることが暴露された。

運用の失敗と詐欺の違いは、返済の目途が立たないことを意識しているかどうかの違いでしかない。この点から見れば実は、広範囲に政治家を取り込んだ巨大な詐欺が現在進行中だ。JGは、多くの人からほぼ強制的に出資させ、利子の支払いをさらなる債券発行で賄っている。その負債額は1000兆円にもなる。返済の目途は全く立っていないのに、さらに負債を増やそうとしているのだ。そして多くの政治家が公然とJGをかばい詐欺隠蔽に協力している。

海洋関係でよく使われる言い方をしてみたが、JGとはJapanese Government つまり日本政府のことだ。債券とは国債である。すでに国家予算の1/3は国債償還費になっており、あと30%負債が増えれば、税率100%にしても償還できなくなるところまで来ている。軍事費の大盤振舞いをしている場合ではない。外敵などが来る前に日本は自滅することになる。日本は詐欺国家だと言われても仕方がない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る