So-net無料ブログ作成

米韓軍事演習のねらい [政治]

アメリカと韓国が25万人を動員して大演習を行う。北朝鮮の沿岸6海里まで近づいて砲撃したり、空襲したり、はては、内陸部への侵攻を想定した訓練を行う。国連でも北朝鮮の核兵器開発に対して非難が高まっている機会を捉えて、一挙に北朝鮮を壊滅させる作戦に出るかもしれない。

しかし、先制奇襲攻撃による戦争は、やはり国際世論の支持を得られない。おそらく、今回の狙いは北朝鮮を挑発することである。アメリカは北朝鮮を金正恩の完全独裁体制と見ている。だから金正恩の暗殺がすべてを解決すると考えているだろう。全面戦争の必要はないのだ。

大規模な軍事演習で挑発して、これに反発した北朝鮮との小競り合いになった時がチャンスだ。特殊部隊やドローンを使って、ピョンヤンを攻撃し、金正恩の暗殺を謀る。もちろん、金正恩も地下の司令室に篭ったり、暗殺計画に対する備えはするだろう。米軍が金正恩の所在を正確に把握できるかどうかが鍵だ。

米軍はオサマビンラディンの暗殺で、暗殺作戦に自信をつけてしまっている。全面戦争に比べて暗殺作戦はずっと敷居が低い。実はこれが恐ろしいことなのだ。

もし、暗殺に失敗した場合、全面戦争は避けられない。北朝鮮は報復しないわけにいかないし、米軍も報復は必ずあるものとして、先制攻撃を展開する。日本の米軍基地や原発にも捨て身のミサイル攻撃をするだろう。結果的に北朝鮮は壊滅するが、日本のこうむる打撃は大きい。政府は、北朝鮮を制圧して、勝ったなどと言うだろうが、犠牲になった人たちの命は戻らない。

軍事で、報復はできても、防衛はできない。この事実をしっかりと見なければいけない。これからの一ヶ月、なんとか米軍の挑発に乗らず、北朝鮮が自重してくれることを祈るばかりだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る