So-net無料ブログ作成
検索選択

マイナス金利でいよいよ経済崩壊 [経済]

日銀がマイナス金利を導入した。いよいよもって、アベノミックスは崩壊に近づいている。

量的金融緩和でゼロ金利にして、資金を銀行に放出した。銀行から企業の設備投資に貸し出し易くするためだ。金利が安いなら、銀行から借金して工場を建て増しする会社が増えるだろうということだ。しかし、工場を建て増しするほど物は売れない。量的金融緩和は失敗に終わった。

次にやったことは、質的金融緩和だ。銀行に金を供給するだけでなく、銀行が持っている債権などを日銀が買い取るのだ。銀行が貸し出したときの借用書を返済を待たずに、日銀が買い取ってしまうことになる。これでまた銀行が企業に貸し出し易くなる。しかし、工場を建て増しするほど物は売れない。質的金融緩和は失敗に終わった。

企業に貸し出しの出来ない銀行は、国債や株を買って、それを日銀に売ることを始めた。これで株高にはなったが、なんのことはない日銀が札を印刷してそれで株を買ったのと同じことだ。日銀に国債や株を売った銀行の金は、日銀に貯金されたままだ。当座預金残高は250兆円にもなった。相変わらず、工場の増設は起こらないままだ。

今回のマイナス金利は、銀行が日銀に貯金しても利子がマイナスになるという処置だ。なんとかして銀行が日銀に貯金するのではなく企業に貸し出すようにして、設備投資につなげたいということだが、物が売れないのでは工場の増設など出来るはずがない。マイナス金利政策も、やっぱり失敗するだろう。

物が売れるようにするにはどうすればいいか。誰も買いたくないわけではない。新しい春物スカートは女性なら誰でもほしい。買う金がないから買わないだけだ。低賃金非正規雇用が増え、将来に不安を抱えている人が増えて、とても春物スカートどころではない。追い討ちを掛けるように消費税が増やされる。

格差が拡大して、溜め込まずすぐに消費して経済を回転させる層への資金が減って、多くの金が富裕層に流れ込んでいる。富裕層に渡った金は、溜め込まれるばかりだ。格差の是正、雇用の正常化なくして経済の行き詰まりは解消できない。企業への優遇処置、規制緩和ばかりを追求するアベノミックスでは救いようがない。

制度的に一番問題なのは、企業が利益をあげた場合、それを素早く賃金に反映させるメカニズムがないことだ。普通の国では労働運動がその役割を果たしているのだが、日本は御用組合がはびこり、ストライキがほとんど見られない異常な状態にある。空前の利益をあげる会社ですら、賃金上昇を牽引することなく内部留保を増やすばかりになっている。

低賃金非正規雇用の解消、格差の是正、労働運動の再建、逆説的だが、これが今の日本の資本主義経済に必要なことだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る