So-net無料ブログ作成
検索選択

戦争法が国会を通過してしまった。 [政治]

sensouhouan.jpg
戦争法案が国会を通過してしまった。歴史的な転換点だったと思う。我々は、70年続いた平和な世界から、殺し、殺される世界に足を踏み入れる。

僕が生を受けて以来、一度も殺人に手を貸したことがない。しかし、これからはちがう。僕が払う消費税の一円が、地球のどこかで人殺しに使われることになるのだ。最初の人殺しが行われるのは、南スーダンかも知れない。起こるであろうアフリカ人の死には、僕も責任を免れない。南スーダンに送られた日本の若者が死ぬことも起こりえる。これにも、僕は責任がある。

僕は、決して戦争法案に対して沈黙していたわけではない。反対の意思表示はしたし、衰える体力にあがなって、街頭にも出た。殺される人に対しては、この写真を示して、必死に謝るしかない。しかし、許してもらえるとは思えない。

この結末は僕自身にも降りかかってくる。戦争法が日本国憲法に違反していることは明白である。にもかかわらず、法案は説明されることなく成立した。憲法自体が、死にかかっている。僕は生存権を主張する。しかし、生存権を保証した憲法は、首相の一存でどうにでも解釈されるようになった。僕は、自由を求める。しかし、自由を保証した憲法は、首相の一存でどうにでも解釈される。僕は、平等を要求する。しかし、平等を保証した憲法は首相の一存でどうにでも解釈されるようになった。

いつの日か、僕達の子孫が嘆く時が来るだろう。どうして2015年の大人たちは、憲法の破壊と、戦争への道を止めてくれなかったのか。僕には返す言葉がない。僕らにできることは、戦争法案へのしっぺ返しを、しぶとく試みることだけだ。原理的には、戦争法を作った安倍内閣を怒りで倒すことができる。命がけになることもなく、票を投じるだけでできるはずだ。安倍打倒の一票を!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る