So-net無料ブログ作成

iPadの次に来るもの [雑学]

iPadがかなり普及してきた。携帯電話の画面では飽き足らない人も、電車の中では、ノートPCを引っ張り出すよりかなり手軽だ。Appleは90年代にも同じ事を試みたがそのときは失敗した。Newtonは、今よりかなり分厚かったし、値段も高かった。小さく安くなったことも大きいが、iPodやiPhoneの普及で、消費者自体に意識の変化が生まれたともいえる。Pad形式の機器もkindelでなじみが出てきている。

しかし、私はiPadを買わない。ここまでくればiPadの次に出てくるものが見えるからだ。それは本当のポータブルコンピュータだ。cpuが大きくなり、メモリーも増えれば、キーボードとスクリーンをつなげば立派なデスクトップコンピュータになる。iPadの発展型ともいえるが、意味合いが異なる。CDだとか、多くのポートも必要だから、たぶんドックを持つことになるだろう。形状はwearableつまり腕時計型になるかもしれない。

これを持って歩けば、どこでもドックにつないで、大きな表計算でも、本格的なFEM計算でも、プレゼンでもできる。もちろん、今だってネットワークにすべてを置いてしまうとすれば、なんでもできるのだが、いつでもどこでもネットワークにつながるとはかぎらない。仕事場でやった仕事の続きをそのまま電車の中でちょこっと手直ししたり見直せるのは、とても便利だ。

当然、skypeやlineの機能は積み込めるから、携帯なんかを別に持ち歩く必要はないし、カメラもいらない。もちろん、携帯もcpuが大きくなりメモリーも増えるから、携帯を放り込むドックも出来るだろう。どれくらいの大きさのスクリーンを好むかが個人の選択になるだろう。仕事場では、やはり大きなスクリーンとキーボードが必要になる。

出先で仕事をしたい人は、プロジェクター内臓で、壁に投影したり、フレキシブルなぺらぺらのキーボードをテーブルに広げたりするだろう。

こんなものが出てくるのは、もう時間の問題でしかない。通常のiPadはすぐに時代遅れになるにちがいない。MDなどという短命なものと同じだ。現在は、iPhaneだけの人が多い。圧倒的大衆というのは携帯電話にとどまるから、こういった機器の登場で一番衰退するのはnotePCだろう。notePCが姿を消す日は近い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る