So-net無料ブログ作成

プリウス乗るなら軽に乗れ [社会]

不況の中でも儲かりつづけるトヨタ。自動車販売ではプリウスが1人勝ちの様相だ。燃費が良いというのが買われる理由であり、事実、軽並みの燃費を達成している。しかし、プリウスの低燃費は技術でもなんでもない。要するに軽のようにトロトロ走れば軽並の燃費が得られるということだ。エンジン自体は1500ccなのだが、頻繁に停止して0ccにするから平均は軽並になる。10モードのこんな走り方はもちろん軽でもできる。

従来、高級車は大容量エンジンと相場が決まっていた。内装や、遮音性に大きなエンジンを強制的にくっつけて売っていたのがトヨタだ。プリウスという発電機つきEVを売り出してみて、高級車に乗る人のほとんどが、トロトロ走ることで満足する人たちだと言うことがわかったと言うことだ。これは一つの発見ではある。実際、軽の高級車を作れば安上がりで、乗り心地もよく、値段ももっと安いはずだ。プリウス乗るなら軽に乗れとはそういうことだ。

ホンダのインサイトの方は、モーター付き1300cc車だ。当然燃費は1300cc車並にしかならない。どこがハイブリッドかというと、加速が違う。上り坂での追い越し等のとき、普通の1300ccとは違う力強さを発揮する。2000cc並に走れる1300cc車がそのコンセプトだ。プリウスでも同じように加速が得られるかというとそうではない。大型の電池を積んで1.66tもの重量ではきびきびした動きは出来ない。出だしの低速域を除いてプリウスに加速と言う言葉はないと思ったほうがよい。インサイトはプリウスよりも200kg少ない1.46tである。

重要なのは、インサイトは乗って楽しい車だということだ。レスポンスが良く、FFらしい運転者と一体になった走りを感じられる。これまでに蓄積されたFF車の良い点がフルに生かされている。IMAエンジンの効用だ。ところが、プリウスに乗っている人が一様に感じるのは「運転が面白くない」ということだ。なぜかと言うと、重たい電池のためにFFでありながら重心が後ろになり、バスを運転しているようなレスポンスの悪さが出てくるからだ。乗っていると言うより、乗せられているという感覚になる。

そんなわけで、私は来月からいまどき大変珍しいインサイト愛用者になることにした。車の選択と言うのは人の考え方である。エコを実現するために、節電をひたすら道徳的に主張する人はプリウス、太陽光や地熱など新しい技術に依拠した開発を主張する人はインサイトとなる。偽善でなく本当に道徳的節電を主張する人は、大型テレビを見たり、車などに乗ったりしないものだ。
-----追記-------

99.9km.JPG実際にインサイトに乗ってみると、だいたい予期した通りに走ってくれた。燃費も通算で19kmだから満足ではある。カタログ燃費なんてあまりあてにはならない。走る場所によっていくらでも変る。軽井沢から安中までの下りなら見ての通り99.9km/Lだって出る。

しかし、その後調べたところによると、プリウスも捨てたものではない。結構、高速での加速も良いみたいだ。プリウスはインサイトの3倍ものでかいモーターを積んでいる。これで燃費を稼げるのは、モーターとエンジンの適正な出力配分を設定出来るからだろう。 ホンダのシステムはエンジンとモーターの回転数が同じでなければならないと言う制約を受けてしまう。

インサイトは燃費ではプリウスにかなわない。 短距離で10mだけ走るとする。インサイトはエンジンを掛けた瞬間からガソリンを消費する。ギアを入れて10m走って、またエンジンを止めるまでガソリンが要る。当然、燃費は良くない。プリウスならエンジンは使わず、10走ってもモーターだからガソリンは一滴も使わない。燃費は無限に良いことになる。あとで高速走行の際に発電負荷は少し増えるが、まあ原理的に燃費は良いはずだ。

結局のところ、ホンダのIMAの良さというのは既成の車をそのままハイブリッドに出来ることだろう。「取り回しの良さ」もここから来ている。エンジンの積み替えだけですむから今後多くの車種がハイブリッド化されていくだろう。方やトヨタ方式はハイブリッドのメリットをフルに引き出せるが、そのために大きな電池を積み、車体から作り直さなければならない。スポーツタイプの車をハイブリッドにするのは大変だろう。しかし、そんなことは、生産者の問題であってユーザーには関係がない。それが値段に反映されるはずなのだが、今のところ、量産効果でプリウスの値段も下がっているから差は少ない。

何でインサイトに乗っているかって? 「乗りまわし心地」と、あと車体とガソリンを含めたトータルで一番省資源とでも言っておこうか。
それは、まあ流行にのりたくないあまのじゃく気分に尽きるかもしれない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る