So-net無料ブログ作成

上京して酔いつぶれた男の独白 [社会]

そりゃお前らはええよ。東京に出て、ええ暮らしして、ええ嫁さんももろうて。わしは長男じゃったばっかりに、一生山の中で土引っかいてしまいじゃ。

これでも学校じゃ勉強もよう出来たほうじゃ。お前みたいに家ほり出して東京に出りゃあ、夜学も卒業できたし、よっぽどええ暮らしもできたろうよ。

けどなあ。長男は家を捨てられんのよ。先祖代々こうやって田畑の守してきたし、誰かが親父の面倒も見なならん。長男に生れたんが因果やと思うて諦めるしかない。

村の大旦那じゃいうて威張ってたのは昔のことじゃや。米の値段は昔の半分に下がった。機械化やいうて高い耕運機買わされた。農業融資というて、結局は借金じゃ。肥料はどんどん高うなるし、家も修理せんと傾いてきよる。本建築の家は修理が高いんやと。

この20年何もええことはなかった。この先もどんどん悪うなるばっかりやろ。百姓では食うていけん世の中になるとはわかっとる。TPPじゃ言うて、わしらにとどめを刺しに来よる。わしの代で百姓も終いじゃ。

けんどなあ、わしは何のために家守って田舎に張り付いたんじゃやろ? 畑耕すのに絶対手は抜いとらん。百姓で食うて行けんようになったんは、やっぱりわしのせいか?長男として落第や言うて、御先祖様に叱られるんはわしか?。

なあ、教えてくれ。頼む。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る