So-net無料ブログ作成

ベンチャービジネス逆転の発想 [起業]

ベンチャービジネスは難しい。成功させるためには順当な考えではまずダメだ。順当な考えと言うのはまず、アイデアがあって、それを具体化して、さらにビジネスとしての利益を考えて資金準備を行うといったプロセスである。

逆転の発想というのはこの場合、まず後ろから考える。成功とはどう言うことだろうか。ビジネスなら利益があがり、年収1000万円が確保されるということになる。これはまあ判断基準が厳しすぎるかもしれない。これは大成功で、小成功として年収700万を目処にしよう。実は給与以外に年金とか保険とかあるので、この場合でも会社としては年間1000万円の利益を上げなければならない。だいたいビジネスに挑む資格がある人は、会社勤めでもこれくらいの収入があるのは当然だから、これがぎりぎりの線でこれ以下では成功とはどうしてもいえない。

さて、1000万円の利益を上げるにはどのようなことが必要だろうか。当然、何かを売らねばならない。どのようなものであれ、1000万円の利益を上げるには5000万円の売上が必要だ。4000万円が仕入れ原料、設備や事務所、営業の経費だ。1人で5000万円を売らないことには成り立たないのがビジネスだということがわかる。もちろん、営業は片手間仕事だ。なにしろ5000万円分のものを1人で作らねばならないし、開発も必要だからだ。

はっきり言って片手間仕事で5000万円を売るのは不可能だ。仕事量からいって1人で起業するのは無理だということが証明された。誰か営業の担当者を雇用する必要があるし、まあこちらは開発で手一杯だから製造も人がいる。こうなると問題は、利益1000万円では済まなくなるということだ。人数が増えればそれに比例して売上を増やさなければならないし、製造も増やさなければならない。結局、一人当たりのワークは1人起業の場合と変わらないことになる。それどころか会議と言うさらに余計な仕事も増える。

とどのつまり、あらゆるベンチャービジネスは成功することが出来ないと言う結論に達した。ベンチャービジネスはやらない。これが逆転の発想の結末だ。

しかしながら、世の中にはベンチャービジネスで成功した人もいると言うではないか。必ず失敗するという一般法則に反する事実は解明しておく必要がある。細かくは述べないが、事例を調べてみると彼らは雇った人たちをとんでもない低賃金で働かせている。これなら参加者全員が成功したのではなく、社長1人が成功で、あとは失敗と言うべきだ。自分1人でやると赤字なのに、他人を安く使うことで黒字になるなら、ビジネスが利益を生み出したのではなく、同じビジネスに参加した同志からくすね取ったにすぎない。

他人からくすね取るなら何もこのビジネスを展開する必要はない。何をやっても同じことだし、泥棒などと言う直接手段もある。他人からくすねるのに合法的な装いを取るだけのためにやるのがビジネスならそれは詐欺といったほうが良いだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る