So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

8月15日で終わらなかった戦争----小野田少尉の蛮行 [社会]

8月15日に日本が降伏して第二次世界大戦は終わったとされているが、兵士たちにとって実際に15日で終わったわけではなかった。経済同友会の財界人である品川正治さんの手記でも、多くの日本兵が終戦後も八路軍と戦わされたことが書いてある。南方でもアメリカ軍の捕虜とならず戦い続けさせられた兵士はたくさんいた。15日以後に出撃した特攻隊もあった。

1960年になって、終戦を知らずに隠れていた日本兵が見つかり大きな話題になった。皆川文蔵さんと伊藤正さんはグアム島で15年間の逃亡生活を続けていたのである。1972年には横井庄一さんが28年目に発見され大いに驚かれた。これらの人々は、捕虜になることを恐れて密林に隠れていた。『生きて虜囚の辱を受けず』という先陣訓の教育が骨の髄まで叩き込まれたせいだ。

横井さんの「恥ずかしながら戻ってまいりました」という言葉に象徴されるように、密林に隠れていたことを恥とする気持ちが残っていた。それでも、こういった人たちの生きようとする力、そのための創意工夫にはむしろ感銘を受けた人が多かったと思う。馬鹿馬鹿しい戦争に動員され終戦を知らずに隠れていたことへの同情もあった。

さらに遅くまで密林から出てこなかったのは30年後に現れた小野田寛郎さんである。しかし、小野田さんの場合は、これまでの人たちとは扱いが違った。任務に忠実を貫き30年間闘い続けた英雄的な軍人という受け止め方だ。当時始まっていた戦争を正当化する右傾化の風潮に合致したからでもあるが、異常な待ちあげられ方をされていた印象がある。

終戦後もなぜ戦い続けたのか。小野田さんによれば、残置諜者として遊撃戦指揮の任務を与えられたから、あくまでもゲリラ戦を継続したのだという。第八師団長横山静雄陸軍中将から「玉砕は一切まかりならぬ。3年でも、5年でも頑張れ。必ず迎えに行く。それまで兵隊が一人でも残っている間は、ヤシの実を齧ってでもその兵隊を使って頑張ってくれ。いいか、重ねて言うが、玉砕は絶対に許さん。」と言われたそうだ。

しかし、この話はどうもおかしい。玉砕覚悟の戦闘を鼓舞する立場の当時の師団長が「玉砕は許さん」などと言うものだろうか。小野田さんは陸軍中野学校を出てフィリピンに着任したばかりで、まだ将校に任官もしていない。兵隊としての身分は曹長だ。陸軍中将の師団長が一兵卒と直接面談したりするはずがないではないか。

情報将校は師団司令部から各部隊に派遣される。第八師団はマニラ北東部を担当していたが、配下の独立歩兵第359大隊は第二中隊をマニラ湾の入口にあるミンドロ島に派遣した。ミンドロ島中隊は第二小隊を周辺にある小さな島ルバング島に警備隊として配置した。駆け出しの情報将校に大きな任務を与えたリしない。小野田さんは末端の島の警備隊に配属されたのである。ルパング島に派遣された情報将校の任務としてはマニラ湾に襲来する敵の動向を伝えることにつきる。第八師団情報部の谷口義美少佐にもゲリラ戦の任務など与えた記憶はない。

ゲリラ戦を展開するなら、敵の重要施設があるルソン本島で深いジャングルを使った神出鬼没の攻撃ということになるはずだ。ルパング島のような小島にゲリラ戦を継続する戦略価値があるとは考えられない。だから「遊撃指揮の任務」は疑わしい。小野田さんの他に「遊撃指揮の任務」を与えられたなどと言う人はだれもいない。ルバング島には歩兵第二小隊(約50名)の他に飛行場隊、航空情報隊がいたがいずれも上級指揮官がいない小部隊だ。小隊長は早川茂紀少尉である。新任の曹長を現地で少尉にして全体の遊撃指揮をさせる理由はどこにもない。

少尉になって1ヶ月、2月28日から米軍の攻撃が始まった。3月1日には米21連隊第1大隊が全く抵抗を受けず無血上陸している。小野田さんによれば3月2日に15名の部下とともに上陸米軍に夜襲を試みたというが、米軍は一旦海岸線に後退していたので戦闘にはならなかった。3月3日に偵察に出かけたが日暮れで谷底に閉じ込められ、翌日戻った時には早川小隊は壊滅していた。

早くも3月19日には米軍に移動命令が出て3月末にはフィリピン人に島をまかせて出て行ってしまった。小野田さんたちは早くから山岳地帯に籠り、結局一度も米軍とは戦っていないのではないだろうか。小野田さんの指揮で闘われた米軍との戦闘は記録されていない。戦後ルバング島には港湾とレーダー基地が作られたが、小野田さんは山岳地帯にいてこれには近づいていないから情報収集もやっていないことになる。

終戦直後の帰投勧告で9人が投降、翌年2月に2名、4月に31名が投降した。早川小隊の赤津勇一一等兵、島田庄一伍長、小塚金七上等兵が残り、指揮命令系統にはないのだが少尉である小野田さんがリーダーになった。赤津さんへの「いじめ」もあり、離脱しようとした赤津さんを何度も連れ戻したりしているから、閉鎖的な集団を私的に形成していたようにも思われる。

横井さんたちとの違いは、自給自足ではなく武装して住民から略奪をしていたことだ。小野田さんたちが戦った相手は米軍ではなく住民だったのである。島田さんと小塚さんはフィリピン軍の討伐隊と戦って死んだといっているが、フィリピン軍が討伐隊を出したことは一度もない。ルバング島で演習をした時にいきなり撃たれて応戦しただけの事らしい。小野田さんたちが討伐隊だと勘違いしたのだ。討伐されるだけのことはやっていたからだ。

四人は住民から奪い、報復が怖くて隠れていた。住民をドンコー(土人野郎)と呼んで蔑視していたといい、住民を襲うことに罪悪感がなかったようだ。それが帝国陸軍の常態ではあった。小野田さんたちに殺された住民は30人にものぼるというから驚く。強盗・殺人は兵士であろうと許されるものではない。ここまでくると、元日本兵というより少し異常な人たちの集まりと言うしかない。それを英雄扱いしたのである。

日本から来た捜索隊の呼びかけにも答えなかった。しかし、新聞を読んで日本でオリンピックがあったことも、万国博のことも知っていた。トランジスタラジオを手に入れて、日本のニュースは全部知っていた。それでも終戦は信じなかったと言い張る。しかし、小野田さんは山田順さんが風呂で背中を流しながら尋ねた時には、終戦を知っていたと答えている。たぶん知っていただろう。

人間は元来保守的な生き物だ。略奪で食物を奪い、密林で野宿する。そんな毎日を続けていると、それに慣れてきてそこに安住してしまう。横井さんのように栄養失調になったりせず血色も良かった。生活のパターンを崩せず、さらさらと水が流れるように30年間が過ぎて行ったのではないだろうか。途中でグループを抜けた赤津さんへの憎悪の激しさも、こうした日常からの離別に対する抵抗から来るものだ。

小塚さんが死んで以来、現実世界への復帰を考えるようになった。横井さんの復帰も知っていたから、そのやり方も十分に検討したものだとうかがえる。谷口少佐からの命令で帰順するといった演出がそうだ。小野田さんの上司は第二中隊長の塩野中尉だし、その上は大隊長大藪富雄少佐のはずだから谷口さんは直属の上司でも何でもない。

捜索に答えなかったことに対して、上司の命令がいるのではないかといった事が新聞記事で言われ、むしろそれがヒントになったのではないか。谷口さんは捜索隊の一員として新聞にも名前がでていた。良く知られている小野田さん発見当時の敬礼写真などは、当日の写真が失敗で、翌日もう一度軍服を着て撮り直したものだ。

帰国後4か月で手記を書いているが、もちろん30年も文字を書いていない人にそんなことができるはずがない。ゴーストライターがいたことは公然の秘密だ。小野田さんを利用して後押しする勢力があったのである。後年、日本会議に参加し、「従軍慰安婦はいなかった」「慰安所は饅頭を食べさせるところだと思っていた」などと白々しいウソを書いている。小野田さんの強盗・殺人の免罪には日本政府が相当な資金を出して、フィリピン政府との補償交渉と絡めた取引をしたことが知られている。

戦争犯罪は正当に裁かれねばならなかったはずだ。略奪や住民虐待、慰安婦強制などに対する罪悪感を持たせない軍隊教育の異常さが問われる事件であったのだが、日本政府が捻じ曲げて小野田さんを褒めたたえる奇妙な風潮を作り出し、それが今も続いている。命を捧げる覚悟の皇軍兵士には略奪も強姦も許されるという考え方を日本政府が踏襲しているのである。日本人の戦争は本当に8月15日で終わったのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

平気でウソをつく女-----続・稲田朋美の資質 [政治]

前に「稲田朋美の資質」ということを書いた。まだ都議選応援演説や日報隠蔽問題の前だったが、この人は資質に問題があると思った。案の定、次々に失態が露呈してきた。保守系の中でも、足を引っ張る困った女といった評価だろう。それでも安倍晋三は稲田朋美をかばい続ける。小物ぶりがお気に入りなのだ。安倍内閣に大物はいらない。記憶にないを連発し、ひたすら追従する小物をそろえておくのが快適なのである。

南スーダンに派遣された自衛隊は、戦闘の中に放り込まれることになったのだが、稲田朋美は「非戦闘地域だ」とウソを繰り返した。しかし、戦闘地域の事実は現地からの「日報」に書かれていた。日報が開示請求されたら今度は「破棄されて存在しない」とウソをついた。わずか半年前のことだ。莫大な経費を使っての国外派遣の記録を早々に廃棄するはずがない。

国民の圧力が高まり、やむなく再調査をすることになった。12月26日に原本ではなく「ファイル」が統幕にあったのを「発見した」と言うことにした。その後の経過としては、発見から22日後になって岡部陸幕長に報告されたという。だからこの発表は1月になってからだ。

ところがである。日報のコピーは陸自のあちこちに保管され、実は多くの自衛隊員が見ていたのである。1月27日に統幕の防衛官僚が上層部と相談し「今さら陸自内にあったとは言えない」と陸自に伝達。陸自にあったファイルを一斉に消去させた。統幕にあった日報は黒塗りだらけで開示された。

1月14日に共産党の笠井議員が国会で質問したが、稲田朋美は陸自にあったなどという報告は受けていないとまたウソをついた。その前日湯浅陸幕副長が陸自保管を事前説明していた。15日には対策会議が開かれ、陸自にはなかったことで押し通すことにしたらしい。もちろん稲田朋美もこの会議に出ていた。

いろんなところから事実は漏れてマスコミにも陸自にあったということが報道されるようになった。もはや陸自に日報があるのに無いとした隠蔽のいいのがれできなくなってしまった。稲田朋美が使った手は、特別防衛監察に調査をゆだねることだった。防衛庁にはシビリアンコントロールを確保する意味でこんな制度があるのだが、通常一年ほども時間がかかる。ほとぼりが冷めるのを待つつもりだったのだろう。

これも失敗して、早急に調査結果を公表せざるを得ないということになった。もし、制服組が防衛大臣にも報告せず勝手にやったと言うなら由々しき事態だ。防衛大臣もグルになって国民に事実を隠していたとすれば、これも大問題だ。その場その場で適当なウソをつくという稲田朋美の資質が災いしたと言えばその通りだろう。

身から出たサビで窮地に立たされているが、なんとかして、「幕僚は報告したつもりだったが、大臣は報告を認識しなかったコミュニケーションの問題」だとごまかしたい。もちろん国民は「今後コミュニケーションに気を付けます」で納得しない。おそらく幕僚のだれかが泥をかぶって辞任するだろうが、見返りに十分な天下り先が用意されるはずだ。

自分に都合の良い理屈に酔いしれるのがウソつき人間の特性だ。今度も「すみやかな情報開示を信条としている私が隠蔽するわけがない」などと笑える理由を述べている。都議選応援演説でも「誤解を生むような発言だった」と演説を聞いた方が勝手に誤解したと主張した。森友弁護では裁判所の記録を示されても、関与していないという記憶に対して正直に発言したのだから問題ないと居直った。

客観的事実に対する謙虚さなどと言ったものは何処にも見られない。稲田朋美にとっては、自分に都合の良いことが事実なのである。ここまで来ると人間の資質だとしか言いようがない。世の中には確かにこういった類の人がいる。「平気でウソをつく女」は、実はそう珍しくもない。だがそれが国会議員だとか大臣だとかいうことなら問題が大きすぎる。

山梨市長がらみの詐欺事件と「元」医師 [社会]

こういうゴシップまがいのネタを書くとブログの品位が落ちるのだが、山梨市長の妻、望月治美の詐欺事件は田舎の名士社会の泥臭さを代表するものだという気がする。二月に離婚したから逮捕時点では元妻ということになるが犯行時はまだ妻だった。

夫の望月清賢(せいき)は、父親から引き継いだ、地元の石材会社「差出石材」の二代目社長だった。自民党の市議、県議を経て、保守陣営の後押しで山梨市長になった。日本会議のメンバーでウルトラ右翼だ。建設関連会社と政治家の兼任はまずいので指出石材の社長には妻の治美を当てた。実質的に会社を経営していたのはもちろん望月清賢だろう。詐欺事件にも関与していたことは当然疑われる。選挙事務所は差出石材だし、ホームページには著作権が差出石材にあるとまで書いてある。

政策などはありきたりのもので、何かを実現しようといった熱意は感じられない。地方名士の名誉職といった感じだ。こういった場合、市政も会社経営もおざなりになりやすい。差出石材は6億円の負債を抱えていたという。羽振りは良いように見えても、経営は火の車だった。金を使った選挙に落選してもとが取れなくなった。税金も滞納し、08年には土地・建物の差し押さえを食らっている。14年には借金を返済せずに訴訟を起こされ4200万円の支払い命令を判決されている。それでも右翼でありさえすれば市長になれるというのが田舎社会だ。

今回は、石材の転売で確実に利益が出るとして、何人かから3億円以上をだまし取ったというものだ。妻名義ではあるが市長が関与していることは否定のしようもないだろう。金は借金の支払いに消えただろう。詐欺というより、金策に困って返す当てのない借金をしてしまった事件といった感じがする。もちろん、市長と言う役職を使ってだましたことになるから立派な詐欺犯罪ではある。

この詐欺に手を貸した、あるいは手口を指導したのが「元医師」の越塚峰嗣 だと言うことで一緒に逮捕された。共犯といったほどの報酬を得ていないことから不起訴にはなったが、なぜ医者がこんなこ場面に出てくるのかが疑問の対象になる。越塚峰嗣 の転落人生を追ってみよう。ネット社会は恐ろしい、経歴など検索すればすぐに出てきてしまう。

1954年に生まれで、大学は群馬大学医学部だ。国立大学の医学部だから、結構難しい試験を突破して入学しただろう。大学病院で研究して、29歳のときに論文に名前を出している。

「当科においてRA患者に施行したTHRの術後経過の検討 」(1983) 群馬大学整形外科

しかし、共著者に過ぎず、これ以外に論文は見当たらない。研究熱心ではなかったようで、学位論文も書いていない。その後整形外科医として国立高崎病院に移ったようだ。ここで日航機墜落事件に遭遇する。500人もの乗客が即死する中で奇跡的に12歳の川上慶子ちゃんが生き残り、国立高崎病院に運び込まれた。この治療チームに在籍して、慶子ちゃんを島根県大社町まで車で送り届けたスタンドプレーでローカル人気者になって名医だという風評につながった。31歳の時だ。

研究者としても医師としても芽が出なかったであろう彼は、この人気を利用して病院経営を思いついたのだ。バブル経済のころで、銀行はいくらでも融資してくれた。彼はなんと32歳にして三峰 病院を設立して院長・理事長になった。経営に道を見出したらしい。エステとかフィットネスとかの多角経営に手を広げて行った。医は算術の開始だ。早くも1987 には保健所から医師数不足の指摘を受けているから、病院経営も最初から「まじめ」ではなかったようだ。

バブルに浮かれて派手な生活をしていたらしいが、三峰 病院は1989年には赤字を抱えるようになった。放漫経営を反省して病院を立て直したということが1992年の文春記事になっている。ニッセイが出している雑誌にも、1999年に「トップと職員の人間性を磨き地域住民に安心感与える存在に」といった記事(ばんぶう (222), 144-146, 1999-12)を寄せているが、実際には1992年ころから、保険の架空請求に手を染めていた。その年の12月には不正請求が発覚し、病院は閉鎖になった。四億八千万円をだまし取ったことになるが、三億八千万円については、2006年に逮捕された時点で詐欺罪の時効(七年)が成立していた。 このことで医師免許を取り消され「元医師」になったわけだ。

越塚峰嗣と望月夫妻が結びついて今回の詐欺事件が起こった。ダメ経営者どうしの結びつきであり、裏道に活路を見出すことになったのは当然ともいえる。地元の名士として外面を繕いながら、足元が崩れて行く中で、倫理性などといった感覚を失ってひたすらその場しのぎの金策に狂奔する姿は地盤沈下する地方社会を象徴するものではある。日本各地に同じような現象が生まれている。

「行政がゆがめられた」のは事実---加計疑惑 [政治]

「行政がゆがめられた」と言う前文部次官の前川氏の発言に竹中平蔵が文句をつけていた。「行政を歪めていたのは官僚で、戦略特区はこれを打ち破るものだ」と言う。

加計汚職を官僚批判にすり替えようとしている。前川氏は戦略特区が行政を歪めたと言っているのではない。加計特別優遇が行政を歪めたのである。獣医養成が必要なら全国にどんどん獣医学部を作ればよい。別に特区などと地域を限る必要もないのだ。加計にだけ作らせ、他には作らせないと言うことこそ私物化した岩盤規制である。

事の本質は私物化であり官僚批判や規制緩和とは関係がないのだが、国家戦略特区といった政策手法自体が加計のように行政を歪める危険性をもったものではある。行政は、実情判断の上に整合性を持って進められるものだ。大学に獣医学部を新設するのは、どれだけ獣医が必要かという判断に基づく。

古くから家畜が農耕や運搬に使われてきた日本では獣医が果たす役割は大きかった。しかし、自動車や耕運機が普及するとともに獣医の需要は減って来ている。ペットショップなどで新たな需要を見出して生き延びているのが現状だ。

戦略特区で言っていることは、遺伝子操作など新たな産業創出に動物実験など獣医の果たす役割が大きいと位置付けている。しかし、それは本当だろうか。新設の獣医学部の卒業生がそういった分野に就職していく可能性があるのだろうか。

遺伝子やゲノムといった先端の生物学研究は動物実験をやるだろうがそれに獣医の資格は必要がない。卒業生は従来通り動物病院での診療に携わるしかないとすれば、獣医養成の行政判断を歪めるものでしかない。

前川氏が疑問とした事は、新しい獣医需要というものが従来のものとどう違うかが明確でないと言う事だった。それに対する回答なしに、「総理の意向」で押し切ったことが加計問題の中心だ。産業創出は作文だけで、全く内実がないのだ。

獣医は社会的にも医者と異なり高収入の職業とはなっていない。地方の医者不足が深刻な今、実は医学部の増設を抑えていることこそ岩盤規制なのだが、それには手をつけようとしない。地方自治体による福祉の増強なども国が規制しているが、これにも手を付けない。岩盤規制を打破するなどと言っていること自体がまやかしなのである。

戦略特区は行政判断の議論を飛び越えて進められる。だからこういった「お友達優遇」とか、特定の企業の優遇処置と結びつく可能性が高い。実際に、多くの特区がこうした裏事情で進められているのではないかと疑われる。

戦略特区の正規の手続きとしては、なぜこの地方に特区が必要なのかの申請があって、それが認められた場合に事業者を公募しなければならない。今治は特別な地区で、ここにだけ獣医学部が必要だなどといった理由は見つけられるわけがない。

今治市は最初から加計ありきで特区を申請した。「加計が今治に作りたいと言っているから」以外に理由はないのだ。「総理の意向」で認められることがわかっていたから、公募前にボーリングをしたり、電力会社に契約予定を申し込んだりした。

なぜ、今治にしたか? 担当大臣は教員も確保して準備が進んでいるからだと答えたが、それは論理的におかしい。まだ事業者の公募も始まっていないのだから、教員の確保など不可能なのである。審査は形式に過ぎず、すべて「総理のお友達だから」で決まったことがわかる。安倍のお友達である「加計の特別扱い」であり、それに特区という形式を取らしたに過ぎない。

安倍一強の弊害ここに極まれり。日本という国は総理とのコネですべてが決まる。何の公職にもない安倍の妻に、公務員が5人も秘書として配置されている。総理の意向を忖度して国有地の売却を破格の安値にする。政府が私物化されてしまっているのである。

通信速度のまやかし-----wifiルーター 603HW 502HW [技術]

宣伝によるとwifiルーターの通信速度が随分と早くなっている。Y!mobileの最新機種603HWなどは612Mbpsだというから光ファイバーにひけを取らない速さだ。ところが実際にはとてもそんな速度は出ない。公称の100分の1などと言うことはあまりにも違いが大きい。この疑問に対して会社側は「あくまでも理論値であり、実際の速度を保証するものではありません」と一言で片づけている。一方で速いと言う宣伝を繰り返すから、理論値であるとしても、それ相応に速いものだということが一般に信じられているようだ。

こうした速さのもとになる技術はCA、4x4mimo、64QAMなどといったものだが、要するに多重な通信経路、周波数を使って一度に送れる通信量を増やすというものだ。当然、これが有効に使えるのは多くの周波数帯の通信設備が整備されていて、しかも空いた状態にあることが必要になる。実際には、スマホやタブレットを売りまくっているから、どの周波数帯も混雑しており、こういった新技術が使える状態ではないのだ。新技術で多くの電波を使うことになればもちろん渋滞はさらに増える。

空間は1つしかなく、電波の周波数は限られている。時間で細切れにしてユーザーに配分しているからユーザーが2人になれば通信速度は一人の時の半分だ。ユーザーが多くなればたちまち速度は遅くなる。通信速度は端末の通信速度ではなく、電波使用の混雑で決まっているのだ。だから新しい技術は通信速度の改善とはほとんど関係がない。

こうした新技術は宣伝のためだけにあり、会社側も実は実際に使うつもりがないようだ。603HWの販売が始まったのは2017年2月だが、半年たった今も64QAMを使うための基地局整備を殆どやっていない。やってもどうせ使えないとわかっているからだ。実際に使ってみて速いなどというレビュー情報は全部ウソである。なぜなら、東京にすら使える場所が一つもないからだ。福岡と名古屋のほんのわずかの場所にアリバイ的に設置されただけだ。会社が提供するエリアマップでは4Gが使える事しかわからず、64QAMが使える場所は別にあるこのリストを見なければわからない仕掛けになっている。

CA、4x4mimo、などは2,3年前から始まっているが、これも実際にはあまり使われていない。限られた周波数帯にひしめくユーザーの数は増え続けているのだから、通信速度は遅くなるばかりなのである。ネット上には新機種の通信速度が速くなったなどということが垂れ流されているが全く根拠がない。中途半端に古いものよりも速いことはあるいはあるかもしれないが、実は新しい端末よりうんと古い端末の方が速いのである。

GL01PはLTEが始まったころの端末で、今は契約することができない。会社は使ってほしくないのだ。この端末に対しては、7GBでなく10GBの規制をかけたままになっている。10GBで契約してしまっているから今更7GBにすることは出来ないからだ。実際には10GBを越えても普通に使え、20GBでやっと速度制限が入る。なぜかというと、この端末には新型の端末のような「低速モード」がないからだ。速度制限は基地局側でパケットを選別してやらねばならない。

1.7GHzしか使えないし、最高速度は75Mbpsでしかないのだが、GL01Pはこの範囲で最大限速く通信しようとしてしまう。実際には速度制限がかかるはずの10GBを越えた15GBを使った状態で30Mbpsが実測されている。同じ場所で502HWを使ってみると、4Mbpsしか出ない。会社側は新しい端末の良く思われそうな事だけを宣伝しているが、実は会社にとって一番重要な新機能は、混雑を緩和するために通信速度を制限する機能を備えた端末であることなのである。
前の5件 | -
メッセージを送る